インテリアコーディネイト

 18, 2017 22:50
注文住宅のほうですが、インテリアコーディネイトへ進みました。
昨日、10:30~17:30(1時間休憩)までかかりました。
小さな平屋&独身おっさんでこれだけ時間かかるとか。
お子さんのいる一般的なご家庭ではどれだけ時間かかるのでしょうか?
二世帯とか大変らしいですが……

ネットでいろいろ建築事例、施工事例などを探し、ある程度イメージを持って臨んだのですがやっぱり悩んでしまいますね。
単色ではブルーが好みですがコーディネイトとしてはモノトーン、特に黒寄りが好みではあります。
ただ、リビング、というよりは家全体がちっさい平屋なので閉塞感を避けるためにはもう白基調でいくべきかと。

壁紙は白確定。
柄の好みで完全に真っ白となりました。
オフホワイトがベストでしたが柄の差で。
水槽観賞面だけアクセントクロスとして黒に近いダークグレーを選択。

床は悩みました。
標準で、ホワイトピーチ、ライトチェリー、ナチュラルビーチ、オーガニックブラウン、ディープウォールナット、の5種で順に色が濃くなります。
まぁ、追加料金出してまで変更するほどのこだわりはないのであくまで標準仕様内のチョイス。
フローリングといっても正確には複合フローリング。ノーワックスなのでメンテが楽なのが一番!

○白系
◎メリット
・家の中が明るくなる
・部屋が広く見える
・ホコリが目立たない

×デメリット
・髪の毛などが目立つ
・椅子など動かす系家具による黒い汚れが目立つ
・板のラインに入った汚れが目立つ

○焦げ茶、黒系
◎メリット
・落ち着いて見える
・重厚感、高級感がある
・細かいキズは目立ちにくい

×デメリット
・部屋が暗くなりがち
・部屋のサイズ次第では閉塞感
・ホコリが目立つ
・大きなキズは目立つ


一長一短ですが、最終的にこちらも白(ホワイトピーチ)を選びました。
まぁ、木目もあり真っ白ではありませんが。
特にアクセントにダークグレーを使ったので床も白のほうが良さそう、というのもあり。

あまり気にしておらず決定後に知ったのは、床に濃い色を選んでしまうと家具選びが難しいらしい。
全体的に白いとしまりのない空間になりそうですが、家具で調整の予定。
ここは好きなウォールナット系で統一したいですね。
ちなみに所有の家電はほとんど黒です。

髪の毛等のゴミについては、ロボット掃除機に頑張ってもらうことで対応しようと思います。

さて、ライトブラウンを中心としたナチュラル系をまったく無視したわけですが。
これらは上記白黒のデメリットは比較的解消されあまり欠点もないかもしれません。

無難

ですかね?
ただ、このあたりのカラーって標準仕様だとどうしても安っぽく見えてしまうんですよね。
グレード上げるつもりがないので除外となりました。

スポンサーサイト

COMMENT 0

WHAT'S NEW?