第2章 「たましい」

 17, 2017 22:48
意外と大丈夫だったわ
ハンカチスタンバっといたけど要らんかったわ
まぁ、今泣いてるけど


結城友奈は勇者である -鷲尾須美の章- 第2章 「たましい」

を観てきた。
週末に公開されたばかりの週明け朝一、出勤途中でこれまた寄り道。
6166.jpg

※注:以下、多大なネタバレ含む!

これまでもっとグロい作品とか普通に観てきたし嫌いでもない、というか好きなほうかも。
でもやはりこの作品には直接的なグロいシーンは求めてないってことがはっきりした?
小学生の血反吐とか矢が身体を貫通とか。
原作挿絵だとはっきりしなかったが劇場版では右手の欠損がはっきり確認できた。
確かに彼女の死は壮絶で正視はキツかった。
眉間に皺寄ってたろな。

個人的には「精神的えげつなさ」がこの作品の本質だと思うんだよね。
うーん、なんか違うな。精神的なきつさ?でも映像でのグロシーンで精神的ダメージ受ける人もいるからな。
なんて言うのだろうか?

一方的に守られた、助けることが出来なかった。大親友を失った。
逝ってしまった彼女よりも残された2人の心情を思うと切ない。

誤用でない本当の意味での2人の「号泣」が耳から離れない。
いや、それも間違ってるか。正しくは「慟哭」か……

ロリキャラが惨たらしく死ぬアニメを観てニヤニヤしてるなんて悪趣味なヤツら

ちゃんと観てから批判してくれ。
まぁ、劇場版と本編を合わせて視聴した上で勇者&勇者システムのあり方を理解してもらえないと意味はないが。

劇場版勇者たちのダメージや最悪の結果「死」というものは単に悪趣味でグロくしているわけではなく、本編の「絶対防御」との対比で必要な表現だと思うのだが。
だから別に彼女の死が壮絶であろうがなかろうが2人にとっては関係なく、死という結果だけがただただ重い、というだけの話では?

まぁ、多少改編があるとしても大まかなストーリーや結末がわかってるのにわざわざ鬱になりに行ってる時点で説得力はない?

そんな私にもこの2章にはちょっと不満がある。
それはギャグパートのやりすぎ感。
1章は「ほんわか・ギャグ・シリアスのバランスが良く、テンポも良い」だったが、2章はちょっとギャグがやりすぎ、というかすべり気味、というか。
銀を引き立たせるためかしらんけど須美と園子をネタキャラにしすぎな感も。
2つの意味でバランスが悪かったように思う。
特に本編円盤特典シナリオで味をしめたのか○○仮面はどうなんだろう?
あれはギャグに目が行きがちだけど暴走の理由は至極全うで十分良い話だった。
個人的にはもう少しギャグを抑え目の3人のイチャイチャが見たかったかな?

あー、他の見所というとやっぱり今回も変身バンク?
まさかアレンジしてくるとは思わんかったわ。
1章ですらTV放送できるか怪しいって言われてんのに更に胸と尻を強調するカット入れおってからに。
特に園子はまったくの別物レベル。逆に須美はあまり変わってない?
まぁ、ラストが壮絶すぎて消し飛んだけどな。
投稿ギリギリまでこのネタ浮かばなかったわ。


主題歌である「サキワフハナ」
サキワフハナ 初回限定盤(DVD付)サキワフハナ 初回限定盤(DVD付)
三森すずこ

ポニーキャニオン 2017-04-11
売り上げランキング : 168

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

第2章公開直前に発売されようやくフルで聴くことができた。
聴きまくり。土曜なんかPCの設定をリピートにしてひたすら流してたわ。
なんで第1章公開に合わせての発売じゃなかったんだ?と思ってたけど意味があった?
まぁ、実際にはレコード会社都合&商業的な理由だろうけど勝手にこじつけてみた。

・3/31に初代勇者たちの物語である「乃木若葉は勇者である」の小説下巻発売&追加書き下ろし
・4/15~第2章の内容


♪昔「誰かが」夢に描いた←若葉たち
♪「私たち」←須美&園子
♪「君が」繋いだ思い←銀


を表現してるんじゃないかなぁ?
ここまでリンクしてて須美のキャラソンではなくあくまで三森すずこのソロ曲ってのも面白い。
間奏もホシトハナっぽい?

♪花びらが散る瞬間を~の歌詞に特にぐっとくる。
花びら=勇者だからな……

スポンサーサイト

COMMENT 3

Tue
2017.04.18
16:45

放浪者 #-

URL

たまにこういうアニメが犯罪を助長するとかそういう妄想を撒き散らす人っていますよね、現実見てないのはどっちなのやら( ´д`)

私はエグかろうがグロかろうがエロかろうが、創作なら一切平気です
ただし「精神的にえげつない」のは現実世界で間に合ってます・・・
ハッピーエンドはどこにあるのやら(´・ω・`)

Edit | Reply | 
Tue
2017.04.18
20:34

シープネス #-

URL

そして名前を入れ忘れてしまうシープネスだったとさ・・・めでたしめでたしm(_ _)m

Edit | Reply | 
Tue
2017.04.18
23:05

YMN #X8hD0oZE

URL

>シープネスさん

この書き方はシープネスさんですかね?
とコメントする予定でした。

一般的には現実と仮想の区別くらいついて当たり前、とは思いますが

>現実見てないのはどっちなのやら

少なくとも世の中に出ていないと区別がつかない人もいるのも事実ではありますね。
その上でもの凄い少数派を基準に語られても、ってことですかね。
ただし、VRについては結構実験が行われていてかなり精神に影響を及ぼすようです。

>「精神的にえげつない」のは現実世界で間に合ってます

「精神的えげつなさ」はなんて書けばいいかよくわからず。
「心を抉られる」ことを表現したかったんですよね。
まぁ、私の場合は「泣ける」か否かが重要なのかもしれません。涙を流すことによって心を浄化する。
カタルシスを得る、ってヤツですかね。
語源は演劇学用語の悲劇論なのでわざわざ鬱になりに行くのは正しい!かも。

>ハッピーエンドはどこにあるのやら

人生なんてリセットのきかないRPGですからエンディングを迎えないとHappyなのかBadなのかわかりませんね。

Edit | Reply | 

WHAT'S NEW?