水槽雑記17.01.09の補足

 10, 2017 22:55
昨日の人工飼料ネタの補足
6069.jpg
※参考価格:charm本店

○キョーリン クレストフリーク ボトムズ
[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

キョーリン クレストフリーク ボトムズ 900g 関東当日便
価格:2310円(税込、送料別) (2017/1/10時点)


\923/250g:¥3.69/1gあたり
\2,250/900g:¥2.50/1gあたり
※量3.6倍、価格2.44倍

○ff num200 ナマズ・大型肉食熱帯魚用(charmオリジナル)

\962/300g:¥3.20/1gあたり
\1,460/800g:¥1.82/1gあたり
※量2.67倍、価格1.52倍



クレストフリーク ボトムズはノーマルキャットとビッグキャットの中間サイズ。
我が家では25~30cmの小中型ポリプテルスも50cm近い大型ポリプテルスも無理なく食べられているようなので非常に使いやすいサイズかと。
これまでのキャットシリーズと成分もちょっと違って流行りの?ひかり菌配合で更に水が汚れにくくなっている、らしい。
嗜好性も遜色なし。
徳用サイズのノーマルキャットが¥1,360/295g:¥4.61/1gなのでコスト面からもこっちを選ばない理由が無い。


ff num200はリーフコーポレーション製、つまりcharmオリジナル商品。
クレストフリークと同様にひかり菌配合で水を汚しにくい、というのがウリ。
そして超徳用サイズは圧倒的に安価。
両製品とも確かにキャットのように水を茶色にはしないし、崩れにくい。
こっちもノーマルキャットより若干大きいが大差ないレベル、ただし球状(厳密に言うと円筒状)。
よく転がるから?
ポリプテルスの場合、上顎系はキャット系の形状より食べやすそうな反面、かなりしゃくれているエンドリなんかは食べづらそうだったりと一長一短?
うちのラプエンはノーマルキャットよりは遥かに食べやすそうだけど。
あと沈下スピードがかなりゆっくり。多少浮力が働いているっぽく、そのせいか糞が水面に浮いていることもしばしば。
嗜好性はキャット系に比べるとちょっと落ちる気がしないでもないが、誤差のレベル?残すようなことは無い。
我が家ではキャットからの切り替えでも即日食べた。
コスパはかなり良いと思われるが長期使用してるわけではないので。
成長性はなんとも言えないがオセレイト内で唯一食べる5号の巨大化から悪くはない?
ただ、なぜかなんでも食べるスチュワートSHだけは食いつくもののしばらくゴリゴリした後に100%吐き出す。
ちょっと硬いから?

スポンサーサイト

COMMENT 2

Fri
2017.01.13
19:12

SPEED★KING #LkZag.iM

URL

こんばんはー

ひかり菌って、少し前からよく聞きますが、効果ってどれほどあるんでしょうかね~。
ポリプたちはみんな平気そうですが、SHはダメですかー。
うちのコウタイのヤツも人工飼料食いませんw しばらくは赤虫でいくしかなさそうです。面倒な!!

Edit | Reply | 
Fri
2017.01.13
23:01

YMN #X8hD0oZE

URL

>SPEED★KINGさん

効果はどうですかね?
まぁ、害が無ければ良いのです。
それで高額になってるわけでもありませんし。

スチュワートは見向きもしないわけではないんですよね。
反射的に食いつくだけではなくちゃんと視認した食いつき、しばらく頑張ってゴリゴリするのですが最終的に吐き出してしまいます。
そしてほぼ原形を留めているので硬いんじゃないかと。

私、アカムシ使ったことないんですよね。

Edit | Reply | 

WHAT'S NEW?