オセレイトスネークヘッド(フラワートーマン)のまとめ2016Ver.

 29, 2016 23:24
ここらで軽くオセレイトスネークヘッドのまとめでも。

①ワイルド表記に惑わされるな!
②産地に惑わされるな!
③出来るならショップで選んで買え!


あくまでも素人見解なので参考程度に。
段違いの数量を扱ってきたプロの目からすると違いはあるのかもしれないけど消費者目線で正直に語ってくれているとは限らんし。



①ワイルド表記に惑わされるな!

ワイルド表記されるからにはブリードも流通してるわけだが。
そのブリードとは本来の意味の人工繁殖ではなく、あくまで畜養。
比較的近場のワイルド中心のショップ店長によると「人工繁殖個体が流通してるなんて聞いたことがない」

10cmも無いような稚魚なんかはそれこそワイルドだろうね。
20cmそこそこで「ワイルド!」なんていったって、それから体長だけでも倍以上になるまで水槽内で過ごすのだから畜養みたいなものでは?

ポリプテルスのように繁殖に繁殖を重ねて顔つきや体型が丸みを帯びてしまう、ワイルドと姿形がかけ離れてしまう、というのとは別の話。

②産地に惑わされるな!

生息地はインドネシアで意外と生息範囲は狭いらしい。
特殊産地はボルネオ島、カリマンタン島、あたりか?
定期的に入荷があるのはボルネオ島産。今年は結構見かける。
ちょっと前にカリマンタン島産が流通したけど最近はまったく聞かない。

・ボルネオ島産はモノが違う!顔つきが!発色が!

とか言うけどさ。
うちにボルネオ島産が3匹いるけどさ。
どれも顔つきや発色、柄も違う。
顔つきは厳ついのを選んで購入してるだけで丸顔だっているし、発色は雌雄差かわからんけどあまり青くならないのだっている。
まっかちんさんの説明では「”光りの加減で”コバルトブルーに輝く」とかあるけど、そういう場合はパッと見青くないんだよね。
ボルネオ産だから真っ青とか言うわけじゃないし、確実に青くなる素質を秘めてるとも言えないような?

ここに「一応地域ごとに色合いや模様に差異がある」って書かれてるけど同産地でも個体差ありすぎだしなんの表記もなかった個体をまぜても飼い主以外見分けつかないと思うぞ。

とても地域変があるようには見えないんだがなぁ。ただの個体差なんじゃ?
5956.jpg
カリマンタン島産は購入したことが無いからそれとは見比べようがないけど。
正直、ショップが「ボルネオ島産」と謳ってるからそれを鵜呑みにしてるだけで、恥ずかしながら私自身では見分けつきません。
畜養個体の中でキレイに発色&厳つい顔つき個体を「ボルネオ島産ワイルド!」と偽られて高額で売られていても騙される自信アリ!

ちなみに29cmで購入したボルネオ島産ワイルド個体が3ヶ月そこそこで35cm±に成長したけどまるで別人、もとい別魚。
水槽雑記16.05.07参照

そもそも論で言ってしまうと、ボルネオ=カリマンタンなんですがそれは……
ある同じ島にインドネシア、マレーシア、ブルネイの3国の領土があって、その島をインドネシアではカリマンタン、マレーシア&ブルネイはボルネオと呼んでいるだけ。
ただ、島といっても広い(日本の1.9倍)のでインドネシア側とマレーシア側の水域で地域差がある可能性はゼロではない?

その個体が気に入って価格に見合う、と判断したのなら構わないけど、ボルネオ島産という理由だけで高額個体に手を出す必要性は無いのでは?
まぁ、高額といっても基本的には安価な魚なので高が知れているけど。

③出来るならショップで選んで買え!

これはオセレイトだけに言えるわけじゃないけど。
SHは人馴れしやすい種だけど確かに一部気難しい個体がいる。
ただ、この気難しい、神経質、な個体がオセレイトには特に多く見受けられる。
ようやく馴れてきたか、と思ったら掃除の時には逃げ惑うわ網で掬って他水槽に移したらまた引き篭もるわ。

他SHと違ってオセレイトは同一水槽で複数キープされてるので水槽前面に出てきてくねくねしてる個体を購入したほうが無難。
状態に関しては信頼のおけるショップさえ見つけてしまえば通販でも問題ないけど性格に関してはアタリハズレが大きすぎるかも。
まぁ、小赤等の生餌を湯水のように用意できるというならいいけど、それでも環境によっては生餌すら口にしない個体も……

また、フラワースポットという他SHにない特徴を持つのでできれば好みの個体を探したいところか。
このあたりは「写真の個体をお送りします」で通販でも可だけど。

現在は3スポットの左右対称が美個体なんだって。
でも個人的にはスポットよりも顔つき重視?
だって馴れちゃうとずっとこっちみて餌くれダンスだし。

ちゃんと選ばないと……

餌代だけで年間¥20,000とか掛かっても知らんぞ!¥1,980/1匹の!

そろそろ購入から1年になろうかという個体が未だに馴れないし餌も生餌しか受け付けない。
スポットに惹かれたため明らかに状態の悪い個体を覚悟の上で引いてきたけどまさかここまで苦労するとは思わなかった。

まだ25cm。成魚にするためにあといくら掛かるのか?
あきらめるべきか?葛藤の毎日……

ちなみに我が家では通説と違うのだけど、大きめサイズ&ワイルドで購入した個体の餌付けにはあまり苦労せず、小さめサイズでの購入個体に苦労してる。
※人工飼料ではなく冷凍飼料




ということで?
今後購入してみたい個体は「比較検証のため」

・飼育環境による変化を受けにくい35cmを超えるような大型ワイルド個体
・特殊産地個体(いるならだけど。カリマンタンは……)


……

①②は営業妨害?
20cm前半のボルネオ島産が個別掲載にかかわらずずっと売れ残ってる(2店舗で)けど私のせいじゃないよね?

スポンサーサイト

COMMENT 5

Fri
2016.09.30
12:56

 #

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

Edit | Reply | 
Fri
2016.09.30
22:40

シープネス #-

URL

ふと思ったんですが…
ボルネオ島に土地を持ってるバイヤーなら
幼魚から大事に育てたオセレイトを池にサブンと入れて直ぐに捕獲すればボルネオ産ワイルド(野外)と言えなくもない…
ってかそもそも向こうではブリードも野生の稚魚を池で育てて売ってるんでしたっけ( ´Д`)
ぶっちゃけ個人的な意見で言えば、ワイルドは付加価値程度にしか感じませんがそれでもその僅差が運命を分ける事もありますね…

Edit | Reply | 
Sun
2016.10.02
23:24

YMN #X8hD0oZE

URL

>○るさん

ショップの術中にはまらないように目利きのスキルを高めないとならないですね

>シープネスさん

畜養といっても養殖場やアロワナファームのようにしっかりとした養殖施設で育てられているわけではなく、おっしゃるとおり池のようなところに放り込んでいるだけなので水槽内で人工飼料等に餌付けた個体よりよっぽどワイルド寄りかと。

ポリプテルスはワイルドとブリードで違いが顕著なんですよね。

Edit | Reply | 
Sun
2016.10.09
13:32

おろち #-

URL

No title

こんにちは。お久しぶりです笑

記事全体的に共感できます。
恐らく、タイガータイプと呼ばれるような個体群を採集できた時にどこかのショップがカリマンタンとかつけたんでしょうね。

スネークヘッドは現地では養殖がさかんに行われいていますからね。。。
レッドスネークヘッドなんかはアジアアロワナの餌につかわれるみたいですし

最近では、ショップの写真も若干加工してたり信用できないところも多いですからね~
やはり自分の目で買うのが一番ですよね

Edit | Reply | 
Tue
2016.10.11
17:48

YMN #X8hD0oZE

URL

>おろちさん

お久しぶりです。

>タイガータイプ

頭に虎柄が!とかでしたね。
うちの無名の子にもありますが?でした。

カリマンタン産とやらが出回った時期は迂闊に増やせずで手を出せなかったのが残念です。
一応、比較はしてみたいのです。

SHはいろんな種が食用に使われてますので美味しいんでしょうね。
食用という理由がメインの中、レッドは確かに日本でいうところの小赤の代用みたいですね。
幼魚のころはその名のとおり赤いから?

>自分の目で買うのが一番

おろちさんはいろんな地域のショップに足を伸ばしてご自分の目で見て購入されてるようで尊敬します。
私なんかは同県内ですらめんどうで……
消費者も賢くならなければならないのでしょうけど、ショップの戦略に乗ってあげないとどんどん淘汰されて新入荷どころかショップ自体無くなりかねないのが悩ましいところです。
まっかちんさんやご紹介いただいたルミエールさんなどでも20cm前半のボルネオフラワートーマンがずっと売れ残ってますし。
まっかちんさんでは最近期間限定で値下げしてましたが整った個体1匹が売れただけですね。

Edit | Reply | 

WHAT'S NEW?