水槽雑記16.07.29

 29, 2016 23:54
120cm規格の底砂、ガーネットサンドをとりあえず取り出した。
ミズミミズの温床になってたし、2013年10月に水槽設置してから一度も洗ってないので。

……

どうしよう?
このままベアタンクにしてしまおうか?

水槽内は明るくなるし何より掃除が楽!
水より比重が大きいので当然水槽全体が軽くなる。
もともとデルヘッジの色飛び対策だったけど弟に押し付けられたクリアベアタンク育成個体のほうが発色良いとかなにそれ。

でもなぁ。

底黒板のベアタンクは問題ないんだけどクリアのベアタンクは非常に味気ない。
5827.jpg

あまり動かないエンドリが頻繁に泳ぐ。
5829.jpg
動きがあるのは楽しいけどこれ反射で落ち着かない?
今は落ち着いて定位置だけど。

すっごくうっすらとでも敷いたほうがいいかなぁ?

ビキールが真っ白?に。
5828.jpg

ただ、底砂抜くちょい前から白っぽくなってきてたような?
なぜ?
60cmワイドは底が白い上でのクリア。その時代より白いんだよね。

エンドリは意外と変化ないな。

スポンサーサイト

COMMENT 5

Sat
2016.07.30
03:25

シープネス #-

URL

こんにちは~お掃除お疲れ様ですm(_ _)m

>動きがあるのは楽しいけどこれ反射で落ち着かない?
>今は落ち着いて定位置だけど。
ふと気になったのですが、アロワナなどはペアタンクで飼育すると目が垂れてしまうそうですが
オセレイト達はそういうの大丈夫でしょうか…

ウチの場合、ピクタス達が底砂の無い場所を割と嫌うので
ペアタンクになる事は今後も無いかもです…
そもそもプロホースで底砂をザクザクするのがかなり好きなのですが
やっぱりペアタンクの方が掃除は楽ですよね…(´・ω・`)

Edit | Reply | 
Sat
2016.07.30
08:50

サンマーマン #-

URL

メンテか?観賞面か?魚の状態か?
どこを割りきるかなので、飼育者の考え方しだいですよね。
メンテがしんどいと、結局続きませんし・・・

Edit | Reply | 
Mon
2016.08.01
23:44

YMN #X8hD0oZE

URL

>シープネスさん

オセレイトでは聞いたことがないですね。
このあたりに詳しいわけではありませんが、アロワナはもともとが昆虫食性なので眼球構造が上方向。
飼育下だと向いてない下方向にも視線が行ってしまうから?
じゃあ、アーチャーフィッシュなんかも飼育下だと目垂れするのか?は知りません。
ただ、国内淡水魚でも渓流魚なんかで目垂れしてる個体がいるようです。
おそらく養殖個体らしいという噂ですが。
養殖といっても狭かったり底面が光を反射するような水槽ではないはずですから本当に下からの反射によるものなのか?

基本的に暗い場所を好む種にとってベアタンクは嫌でしょうね。
溶岩砂はプロホースでザクザクしづらいのでガーネットにしたのですがそれすら面倒になるとはダメ人間です。
水槽4本(+餌金ストックケース)に対して水中ポンプ×2、プロホースを使い分けてましたが今は水中ポンプ1種で換水があっという間に終ります。

>サンマーマンさん

>メンテがしんどいと

この程度でしんどいとか言っていたら本来アクアやる資格ナシ?

生体面だと、ビキール&エンドリは環境に左右されますが、デルヘッジらはもう成魚のせいかそれまでの環境に併せて体色が定着してしまっていて変化しなくなってるんですよね。
・ガーネット+黒背景→茶系or白化
・底面も背景もクリア→グレー

ちなみにオセレイトは底面クリアのほうが反射でキレイに見えます。

Edit | Reply | 
Sun
2016.08.14
20:07

SPEED★KING #LkZag.iM

URL

こんばんは。

こちらは底床の話題ですか。
水草とコケ同様、アクアリウム永遠のテーマ?

うちのゴールデンやシノドン、ストライプトーキングなどは慣れているので平気そうですが、潜る・潜む習性のあるヤツには不向きですね。
うちは設置場所の関係でベアタンクにせざるを得ません。本当は敷きたいんですが・・・一度知ってしまったらやめるのが難しいベアタンクのメンテしやすさw

色飛びに関しては、専門外なのでヘタなコメントは控えさせていただきますw

Edit | Reply | 
Mon
2016.08.15
22:53

YMN #X8hD0oZE

URL

>SPEED★KINGさん

ベアタンクについては「生簀みたい」とか言われますね。
ただ、これは生体をペットとして扱う場合はそれでいいんじゃないかと。
生体を戯れることがメインでインテリアではありませんから。
まぁ、そうはいっても面倒でなければ底砂も水草も入れたい、というのが本音ではありますが。

色飛びはよくわからないんですよね。
ビキールやエンドリはもろの影響を受けて変化しますが、デルヘッジは最初の1年で固定?されてしまい周囲が変化しても生体自体は全くと言っていいほど変化しないんですよね。
1年、我が家と弟家と違う環境で飼育された同個体群のデルらが全く違う体色に。
その後、我が家で一緒に飼育してますが体色はそのまま変化しません。

Edit | Reply | 

WHAT'S NEW?