お散歩日記16.07.02後編

 03, 2016 10:30
あっつい……

前編からのつづき

これはヤバイ。まだ梅雨だというのに。気温は32℃らしい。
現在の時刻、14:00ちょいと1日で一番暑い時間帯に散歩とか自殺行為?

バシャッ!
5759.jpg

ん?
あー、おたまじゃくしらが大量に取り残されてんのかな?

あれ?
5761.jpg

ズーム
5760.jpg

あれ?魚じゃね?
鼻上げしてる。

スチャッ
アクア網スタンバイ。

マジか……

たったこれだけのスペースに。
5762.jpg
水深も一番深くて10cmあるかないか。

いたとしても5匹くらいか?

ドン!
5763.jpg

やべっ、これは速攻で帰らないと!

日付が変わってもう今日だが予想気温は37℃!
ほら、どうせ死んでしまうなら有効活用しないと、と自分に言い聞かせる。

直ぐにエアーを……

ってなんで水心壊れてんだよ!
あ、ぶっ叩いたら直った。

急ぎ塩水用意。
もう近い水温で作って水合わせもなく放り込む。

ざっと数えてみたら47匹?
5764.jpg

そりゃ酸素足んなくて鼻上げもするってもの。
水流が全くなく閉ざされ限られた水量、気温32℃の炎天下だともうお湯に近い。
よくこれだけのフナが生きてたものだ。
カダヤシだけは持って帰るわけにはいかん!
1匹もいなかったが。

ちなみにおたまじゃくしは一桁匹と想像以上に少なかった。
あと泥もさらう感じで掬ったけどドジョウは獲れず。
これ似たような窪みにたくさん取り残されてるんじゃ?

スポンサーサイト

COMMENT 4

Sun
2016.07.03
17:00

サンマーマン #-

URL

昼に、ベランダの排水口の掃除をしたんですが、あまりのカンカン照りに30分ほどでしたが暑くてのぼせそうになりました(^^;
YMNさんは、テニスやられてたので暑さには強そうな感じがしてますが?

前編では、まだ網使ってないなと思ってたんです(笑)
これは、思わぬ展開ですね、よくこんな小さな水たまりに、しかも田んぼにこれだけのフナっこがいるもんですね~
フナは食べませんけど、から揚げにしたら骨ごと食べれそうなサイズですね(笑)

そういえば、この時期ぐらいにガサガサ行った時、これぐらいの鯉っこが用水路の溜まりにうじゃうじゃいるときが何回かありました。
親父が海の釣り堀の餌に最高だからと、よくお願いされたんですが、決まって次の時はもういないんです(笑)

そういえば、私もガサ入れセット用意したのにまだいってないです。
また、行ってみようかな?




Edit | Reply | 
Sun
2016.07.03
18:04

SPEED★KING #LkZag.iM

URL

続きということでこちらにコメントを。

でかいミミズに何か関係あるのかと予想していたら全然ありませんでしたw

こりゃあすごい・・・。
よくもまぁこんなにいたもんですね~。
高水温+鼻上げ状態、今どれだけ生き残ってるのでしょうか?

で、こういう時に壊れてるエアポンプも・・・w

彼らは餌として活用??

Edit | Reply | 
Sun
2016.07.03
19:23

シープネス #-

URL

こんにちは~

>あれ?魚じゃね?
おおー凄い、観察眼が発揮され…

>ドン!
( ゚Д゚)!?!!??

一体何がどうなってここにこれだけの数が取り残されたのか…
というか色んな意味で予想外過ぎて爆笑しました(・ω・)

思わぬ収穫でした、自然って不思議ですね(´・ω・`)

Edit | Reply | 
Tue
2016.07.05
23:40

YMN #X8hD0oZE

URL

>サンマーマンさん

日曜日は外で作業してはいけない気候です。
真夏なら意外とイケてしまうかもしれませんが、まだ暑さに身体が慣れていないこの時季の35℃超は殺人的です。
私が暑さにそこそこ強いのはテニスよりも自室にエアコンが無いこと?
エアコン買えないほどビンボーなわけではないのですが設置場所が無い?

散歩に行くときは必ずカバンにプラケと網をしのばせますが、使わないことが大半です。
中途半端に捕獲しても面倒が増えるだけなので。
網もなるべく使わずに素手優先?
まぁ、今回はここまで大漁になるとはまったくの予想外です。

>鯉っこが用水路の溜まりにうじゃうじゃ

それはみんな獲りにいきますわ。

ガサはやはり恥ずかしいですね。
今回はあまり人目に付かない&範囲があまりに狭いところだったので作業できました。
農家の方っぽい人が1人チャリで通りましたが……

>SPEED★KINGさん

デカいミミズも餌に使えそうですけど、イメージ的に水中にいた個体はいろいろ雑菌ついてきそうなイメージなんですよね。
庭とかの土の中のなら軽く洗って放り込んでみたいですけど。

獲り尽くしたかも?
最後網を縦横無尽に走らせ水も周囲に撒き散らし気味にしましたが獲れませんでした。
ただ、用水路へ排水するための塩ビ管があったのでその中に数匹取り残されてる可能性はありましたが。

エアポンプが動作しないときはホンキでキレましたね。
一刻を争うくらいの酸欠でしたので。
他のポンプを止めて一時しのいでる時にもしや、と思ってぶっ叩いたら即直りました。

>餌として活用?

そのために持ち帰ってきたんですけどね。
ちょっとイカリムシが怖くて躊躇してます。
世の中には獲ってきて即放り込む人もいるくらいですけど。
たまたま弟がきたのでざっと見てもらったら「大丈夫そう」

>シープネスさん

近づいたところ、音がしたのでしゃがんで観察してたら3匹くらいの小魚が鼻上げしに水面に出てきたのです。

田んぼの知識に明るくないのですが、田植えから1ヶ月程度で中干しといって乾燥させる期間があるそうで。
そのために一度張った水を抜くのですが水田の端に水を貯めるところがありそこから用水路に排出されるようになってます。
ここは用水路に排出される穴に蓋がされておりちょっとの隙間しか開いてませんでした。
そのため稚魚クラスなら通れてもこのサイズのフナは通れません。
そしてある程度水位が下がってしまうと排出もされなくなりあとは自然乾燥を待つのみ。
つまりここに迷い込んだ生体に待つのは死、のみということに。

Edit | Reply | 

WHAT'S NEW?