お散歩日記16.07.02前編

 02, 2016 22:24
カバンにプラケとアクア用の小型網をしのばせてお散歩へ。
5739.jpg


あやしい大きなキノコが。
5740.jpg

セダムと教えてもらった植物。
5741.jpg

なんか花が咲いてる。
5742.jpg

ちょっと遠回り。
こっちは田植えがちょっと遅い。

沸いてるおたまじゃくしやホウネンエビも小さい。
5743.jpg

コガムシらしき幼虫がたくさんいる。
5744.jpg

オマエが成虫か?
5745.jpg

いつものルートに。
あー、こっちはもう水が枯れ始めてる。
5746.jpg

足形のわずかな水溜りにおたまが……
5747.jpg

一軒、家を挟んだ田んぼだと水が豊富。
5748.jpg
おたまじゃくしも順調に生育中。
5749.jpg

むっ、フナらしき小魚とドジョウの稚魚の死骸が。
5750.jpg
これは……

すぐ隣の田んぼはなんか赤っぽい?
5751.jpg
油みたいなのも浮いていておたまじゃくしなど水生生物が全くと言っていいほどいない。
アメンボくらい?

あー、こうなるのね。
5752.jpg

自然の摂理。
まぁ、これが全部成体になったらそれはそれでえらいことになるだろうからな。
有効活用できないもんかね?

ビチビチビチビチ
5753.jpg
明日の予報は酷暑37度……

早くも成体になって乾燥から逃れた個体も多数。
5754.jpg

コイツは腕が生えた直後か?
5755.jpg
コイツなら餌に使えるのか?

大量に死んでしまうおたまじゃくし。
どうせ死んでしまうなら餌に、とは考えるがおたまじゃくしは体内に毒を持ってるようなので国内産の捕食者ならいざ知らず外国産の魚にはリスクあり。
そして生体になってしまうと今度は皮膚毒を持つので同上。
ただ、おたまじゃくしは脚が生えたタイミングだか陸生になるタイミングだか忘れたがそこで体内の毒が無くなるとかなんとか。

カエル化直前個体が必死に?水底にしがみつく。
5756.jpg

この水路はまだそこそこ水位があるため水流が強い。
5757.jpg

うおっ、デカいミミズ。
5758.jpg
これ餌に使えるか?
もう常に?餌に使えるか否かの視点に……

!!

事件発生。
まだ半分の道程だがここで引き返さないとならない事態が!

後編につづく

スポンサーサイト

COMMENT 3

Sun
2016.07.03
03:24

シープネス #-

URL

こんばんはー
セダムは多肉植物なので茎が千切れてそこからどんどん増えますよ、花が飾りかと思うくらい年中増えます( ´Д`)b

>油みたいなのも浮いていておたまじゃくしなど水生生物が全くと言っていいほどいない。
農薬でしょうか・・・世間では無農薬ってやたら持て囃されますが
薬が無くて害虫に散々攻撃された野菜が妙な方向に進化して、いずれ人類にも有毒な植物になる気がしてなりません(;´Д`)

>事件発生
( ゚Д゚)!
何が有ったのでしょう…これは次の記事を待ちますm(_ _)m

Edit | Reply | 
Sun
2016.07.03
09:01

サンマーマン #-

URL

キノコ、ジブリに出てくる妖精みたいですね(笑)

先週ぐらいから朝早く散歩してるんですが、今日は早朝でもすでに暑かったです(^^;

近所の田んぼは、もう水を抜いていてミジンコを掬いたかったんですが、時すでに遅しでした。
私も、この時期は散歩コース自体いつもと変えて、田んぼや池や用水路がある場所になってしまいます(笑)

オタマの亡骸は、化石みたいで面白いですね~
ちょっと見てみたいですね。

Edit | Reply | 
Sun
2016.07.03
10:11

YMN #X8hD0oZE

URL

>シープネスさん

ええ、ここらへん一面セダムだらけです。
コンクリの上でも普通に生育してますのであまり栄養も必要としないんですかね?

最近農薬を撒くのは年に3回程度らしいです。
で、この時季は田植え直前の稲箱に撒くだけのようですので水田全体に大きな影響を及ぼすようなことは無さそうなんですよね。
あぜ道挟んで隣接してるのですがここまで真逆なのは異様な光景です。

>サンマーマンさん

私は「どじゃ~ん!キノコの押し花!」です。

朝の散歩は気持ち良さそうですね。
私の散歩はいつも昼食後なので最も暑い時間帯……

ミジンコなら土もらって水に漬けておけば直ぐに湧いてくるんじゃ?
この時季はやはり水辺ですね。

煮立って死んでしまった場合はちょっとグロそうですが、こうやって干上がってにぼっしーみたいになってる場合はちょっと芸術的すらと?

Edit | Reply | 

WHAT'S NEW?