水槽雑記16.05.11

 11, 2016 23:45
だから生餌使いたくないんだよ!

5641.jpg
5642.jpg
どうもオセレイト4号、そして120cmワイドの1,3号の様子がおかしいと思ってたんだけどさ。
白点を疑ってはいたんだけどさ。
やっぱり白点だった。

2本の水槽で水のやり取りしてないのに同時に発生、ってことはGW中に購入した別下が原因だよな。

4号は別下標準サイズならなんとか食べられるようだが一回り大きな立派サイズだと食べない。食べられない?
1号が20cmそこそこだったころは7cmくらいのカワムツを余裕で食べてたし無理だと思ってた10cmサイズまで呑み込んでた。
だからなんとかなると思ってたんだがな。
サイズによってはずっと同居状態になるわけで、その影響か小赤時のように待機してくれなくなった。
そのため複数投入しておき、食べられるサイズは夜中の内にきっちり1匹だけ捕食するように。
まぁ、ゴミ処理兵として機能してくれればいいや、と。

120cmワイドはね。
余計なことしたなー。

虫駆除作戦で上部濾過槽をウェットに切り替え中。
なまじ透明ケースなんで空いてるスペースに餌金入れたくなっちゃったのよ。
5637.jpg
幼虫涌いたとしたら食べてくれれば儲けもの、もあったし。
こっから蔓延するとか……

まぁ、これは私が悪いんだろうけどね。
おそらく購入時は問題なかったんだと思う。
私のキープ環境が悪かったんだろう。
小赤×100をずっと問題なくキープできたからといって同条件で別下×50もいけると踏んだ私が浅はかだったんだろう。
やはり「別下は小赤の倍」という認識は甘かったのだろう。
濾過槽内には初日の他に3日後、マット掃除のタイミングで追加したからその個体が原因。
その3日間でストックケース内水質悪化、白点発症と思われる。

でもさ。
これ罠なのが別下自体にはまったく白点が見られないんだよ。
ストックケース内では数匹落ちたものの60cmワイド内および120cm濾過槽内の個体は元気で凝視してもまったく白点を発見できない。
わかりやすい鰭にも一切付いてない。
ストックケース内の個体をプラケに移して凝視してもこれまたキレイな身体してんのよ。

4号は鰭を畳み気味で水面に浮いており時折ポンプに身体をぶつけていた。
3号もときどきポンプにぶつけていた。
1号には身体を擦る類の行動は一切見られないのだが餌食いが悪い。
まぁ、そんな中2匹はいつもどおり小競り合ってる、というか1号が一方的に追いかけて3号が逃げるという構図が増えた。
そのイライラで3号がポンプに八つ当たりでもしてるのかと。
ダエモンにイライラぶつけてるし。

飼育魚には白点の疑いがあるものの元凶のはずの別下にはまったく白点が見られない、ため判断が遅れた。

~4日ほど経過~

白点らしきものをとうとう視認。
5643.jpg
あー、これ白点だな。
ってことは……

120cm水槽チェックすると

5644.jpg
わかりやすい。

5645.jpg
オセレイトはついてるっちゃついてる?

深夜0時。
急ぎメチレンブルー投入&水温30℃設定。
ポリプは大丈夫らしいけどカラプロが薬品に弱いらしいので安全を期して規定量の1/2に留めておく。
でも前回、規定量下限でもしばらく体表にガッツリだったからな。カラプロ大丈夫かな?
カラプロを2回ほど白点絡みで落としているのでかなりナーバス。
あー、4号は規定量でいいのか。
とりあえず次の換水時にちょっと濃度上げるか?

それにしても、面白いといってはいけないのだが、オセレイトたちは白点が視認できる頃のほうが元気なんだよね。
身体を擦る行動もほとんど無くなる。

5号のワイド合流はしばらく見合わせだな。

……

そもそも5号は大丈夫かな?
実は

・4号が食べられない大型個体
・ストックケース内で落ちた個体
・4号水槽のエーハコンパクトポンプから脱出できず圧死?した個体


を餌として与えちゃってるんだよね。
5646.jpg
今のところ120cm規格陣営にはまったく変化ないけど。

まぁ、弟は殺菌と称して定期的にメチレンブルー投入してるらしいから規定量1/2くらい投与しておくのもアリ?

あと白点別下を一度冷凍したら餌として使えんのかな?
あ、ストックケースは特になにもしておらず、このままメチレンブルーに浸かってる4号に与え続けようと思ってるんだがダメ?
ほら、4号はしばらくどの個体とも交わる予定が無いし。

スポンサーサイト

COMMENT 3

Thu
2016.05.12
17:51

サンマーマン #-

URL

別下に、白点がないのに飼育魚だけというのもなんか変じゃないですか?
もしかしたら、ヒーターの設定温度と昼間の気温上昇で、朝昼の水温差で白点になってるのかもと少し思いました。
春から夏は昼間の気温上昇で、水温差が出来やすいのでヒーターの設定温度を少し上げてました。
私もそうなんですが、2階の部屋って1階より昼間はかなり暑くなるので。
ただ、120cmの大きな水槽だと、外気温の影響をそんなに受けないとも思うんですが、部屋の条件しだいでしょうか・・・

見当違いだったら、ごめんなさい(^^;

別下、冷凍して白点虫が死滅したら、もうけもんですね。
そういう記事は見たことないですが、ネットでくまなく検索したら出てくるかも??
鮭を生で食べるルイベなんて、冷凍で寄生虫を死滅させるので、可能性はありますよね。

Edit | Reply | 
Thu
2016.05.12
22:07

シープネス #-

URL

以前からちょっと疑問に思っていたのですが
白点病って、複数の種類があるのかもしれません(;´・ω・`)

今回、別下たちは育った水槽で「白点病A」になり薬浴を受けて完治
→「白点病A」の耐性を得て潜在的保菌者になる。

YMNさんの水槽に来て環境が変化、保菌されていた白点病Aが蔓延
→金魚たちはAへの耐性が有るので病気にならない
→耐性の無いオセレイト達に直撃…とか( ´Д`)

白点病の蔓延する水槽で、ピクタス2匹だけが一切の症状が出ないまま生還したので
もしかしたらインフルエンザの様に型が有るのでは…と思ったりしてます(´・ω・`)

Edit | Reply | 
Sat
2016.05.14
00:02

YMN #X8hD0oZE

URL

>サンマーマンさん

120cm規格側もそれっぽいです。
さすがに3本となると水温変化説は無さそうです。
特にアクリルは温度変化が少ない素材ですし。
各水槽の水は今はやりとりしてないので延焼の可能性もないです。

どう考えても餌金からのはずなんです。
でも4号と数日間同居してる別下にとうとう白点の付着が見られたんですよね。
これだけで見るとオセレイトからうつったように……

貧乏性なのでこのまま別下を処分するのは勿体無い。
まぁ、それで飼育魚を死なせてしまっては本末転倒ですけど。
勝手に「0℃以下にしちゃえばさすがに白点も死ぬんじゃ?」と楽観的です。

>シープネスさん

白点病は淡水と海水で種類が違うと聞きますが、淡水で複数あるかはわかりません。
ただ、よく言われるのは白点病から完治したあとは耐性かなんかできるようでしばらく白点病に罹りづらくなるようです。
そのため、別下は発症しないもののキャリアだった?
かと思いきや4号と数日間同居してる餌金を凝視したら微量の白点らしきものを確認したのでどうなってんのやら、です。
都合よく耐性が切れた?

Edit | Reply | 

WHAT'S NEW?