水槽雑記16.03.04

 04, 2016 23:15
あ、食べた




5551.jpg

ビキールがとうとう人工飼料を食べた。
照明点灯下では冷凍フナはもとより小赤ですら極稀にしか食べる姿をみせてくれなかった。

この日も最初はカラプロがもふってるところに近づくも人工飼料だとわかると?
5550.jpg
方向転換。

先に落とした人工飼料がなくなったことを確認し、ビキールが手前に来たタイミングで真上に落ちるように再投入。

……

とうとう食べた。
そしてそれをきっかけに次々に食べてゆく。
5552.jpg

翌日以降は少量だったりビッグキャットには興味示さなかったりなどまだ不安定?

まぁ、それでも懸念材料1つクリア。
あとはエンドリとオセレイト4号か……

スポンサーサイト

COMMENT 4

Sat
2016.03.05
06:14

シープネス #-

URL

こんにちは~これでひとまず第一関門はクリアですね( ´Д`)

違う魚の食事を見て餌を理解するなんてピキールって賢い!
それにしても、もうケンカはしていないのでしょうか
前の水槽と違って色んな魚が居るから喧嘩する気にならないのかな…(´・ω・`)

Edit | Reply | 
Sat
2016.03.05
07:29

サンマーマン #-

URL

一安心ですね^^
魚って、落ちるものによく反応しますよね。
釣りでは、エサやルアーが落下中にアタリがあることが多いです。

エンドリと4号って、たしか同居してるんですよね?
そうなると、食べないどうしですね(^^;
先導役に、デルヘッジ入れるとか、でも前にエンドリにやられたんですよね・・・

そういえば、アクアライフ2015年1月号(84P)に、アジアアロワナの水槽への新規導入の一例がかかれていました。
水槽の水位を一気に魚が姿勢を保てるギリギリの水位(アジアの場合23cmでした)まで水を抜き、それに合わせて水温を26℃まで下げます。
その後に、十分に水合わせした新規魚を投入。
このまま、最低36時間このままを維持します。
そして、最後にゆっくりと水位と水温を元に戻します。

こうすると、水位低下でパニック状態と水温低下で、敵を攻撃するどころじゃなくなるそうです。
アジアはテリトリー意識の高い魚なので、これが有効だそうです。
載ってたのはアジアどうしの同種間みたいですが、
他の魚にも使えそうだなと思いました。

次のページにも、その魚より巨大でかつ攻撃しない別種を入れると、巨大魚の脅威でけんかどころでなくなり、争いがなくなるそうです。

大型魚の組み合わせって、バランスとるのが難しいし、色々と考えて試さないといけないんですね~
でも、面白そうです^^

Edit | Reply | 
Sun
2016.03.06
21:20

YMN #X8hD0oZE

URL

>シープネスさん

ポリプを人工飼料に馴らすには既に餌付いているポリプと混泳させることなのです。
そして、ポリプは本来温和で1vs1のタイマン時にマレに喧嘩をするようです。
今では団子になってますよ。

>サンマーマンさん

基本的には待ち伏せに近いようなので顔の近くに動くものがあるのは重要かもしれません。

エンドリとオセ4号については小競り合いなどの心配はしてません。
異種なのにほんと寄りそってるんですよね。
ただ、積極的に餌を食べてくれないので餌付けができないんです。
小赤を入れておけば夜のうちにかなり減ってるので消費量的にはあまり心配ではないのですが。

>水槽の水位を一気に魚が姿勢を保てるギリギリの水位まで水を抜き

実はこの方法はSPEED★KINGさんに教えてもらったことがあるんですよ。

>巨大でかつ攻撃しない別種

コロソマとか?

オセ1&3号はカラプロに攻撃しませんが、5号は規格のほうで追いかけまくりです。
タイマンだからかもしれませんが。

Edit | Reply | 
Sun
2016.03.06
23:31

サンマーマン #-

URL

>コロソマとか?

ここでは、ナイルパーチでした。

Edit | Reply | 

WHAT'S NEW?