オセレイトスネークヘッド15.07.15

 15, 2015 23:58
イラッ

5091.jpg

悪化してんじゃねーかよ。
はっきり視認できるレベルになってんじゃねーかよっ!
5092.jpg

昨日、怪しいなぁ、と思って1日で蒸発した20㍑超を足し水するついでにメチレンブルーの濃度を上げといたっつーのに。

・常駐菌なので殲滅はできない。適正値に戻す
・28℃以上?で保たれた熱帯魚水槽ではほとんど発生しない
・30℃以上では繁殖できない


……

・9割換水
・規定量下限とはいえすぐにメチレンブルー投与
・水温はファンで下げても29℃前後で基本30℃台
・SHは既存水槽から移しただけ


なんでこれで白点虫の活動が最高潮なんだよっ!
この水槽どうなってんだ?
SHなんて真水に投げ込み式だって飼育可能な種だろ?

「水槽本体、器具類からフィルター&ろ材に至るまで殺菌して白点虫を殲滅!」派への宗教変えをホンキで悩むわ。

SHは強靭な種だからメチレンブルーを使わなくったってほっときゃ治るだろうけど、今後他の魚をいれるのが怖い。
これだけ付着してるのに派手に擦らず鰭裂けすら無いのは不幸中の幸い?

スポンサーサイト

COMMENT 4

Thu
2015.07.16
09:56

サンマーマン #-

URL

これは、大変なことになってますね(^^;
小型魚なら、ある程度は落ちるのを覚悟しなければいけない状態です。
水温は30度を超えてるし、ファンだと下がっても-3度くらいでしょうから、急激な温度降下はないはずですし。
白点がついた魚を、治療薬に入った水槽に移した後、白点が急に増えることはよくありました。
環境が変わったストレスで一時的に抵抗力が下がるのかなと思ってましたが、真相はわかりませんでした。
このまま様子をみるぐらいしか、私には思いつかないです、すいません(^^;
治まるまでは、他の魚は追加したり入れないほうがいいと思います。

Edit | Reply | 
Thu
2015.07.16
16:18

mochi #-

URL

ああっ!
しばらく来れてなかった間に水が青くなってるじゃないですか!!
まさに「猛威をふるってる」って感じですね;;

夏場って実は病気が増えないですか?
熱帯魚なんだから夏の方が飼いやすいだろ!と思うのですけど
エアコンのオンオフや台風による気圧の変化やら
実はストレスになってるんじゃないかしら?と思う事が。
(気圧の変化は魚にも影響あるそうです)

魚にストレスがあるかどうかは分からないけど
今回は移動による免疫低下と考えるしかなさそうな・・・
環境は完璧に管理されてますもんね。

無事治るといいですね。

Edit | Reply | 
Thu
2015.07.16
16:46

SPEED★KING #LkZag.iM

URL

お久し振りです!

うちでは、エキデンス・メタエがケガで死にましたが、こちらでは、カラプロが・・・。
それに白点も?!

白点については、罹るたびに何か情報はないかと調べたものですが、結局、罹ってしまう時は水温が高めでも罹ってしまうってことくらいしかわかりませんでした。
長引こうがどうしようが、とりあえず焦らず普通に治療をするしかなさそうです。

ナマズにメチレンブルーは使うなってことですが、お店の人は使っても問題ないって言ってました。意見が二分してるようですね。

Edit | Reply | 
Thu
2015.07.16
22:57

YMN #X8hD0oZE

URL

>サンマーマンさん

見た目はえらいことになってるのですが、ジャンプの頻度は明らかに減っており身体を擦る動作もほとんど見られないんですよね。
2号のときのように身体や鰭の物理的ダメージがないんですよ。
白点病での死因は「鰓にまで達すると呼吸困難で衰弱死」がほとんどらしいので小型魚には脅威ですが、大型魚であればそうそう慌てる必要はないのかもしれません。
特にSHは空気呼吸がメインなので呼吸困難になることは無いのかも?

>環境が変わったストレス

水槽移動レベルで発症されると通販購入した魚なんて片っ端から発症するんじゃないか?とも。

2匹のオセレイトが治ったからといって水槽の環境が改善されたのかまではわからないので次に投入する魚をドレにするか迷います。
あと、「完治するまで魅力的な個体が出回りませんように」と祈ってたりします。

>mochiさん

お久しぶりです。

ええ、とうとう薬を投入してしまいました。
もうバクテリアのダメージが、などと言ってる場合じゃありませんので。
この水槽に投入した個体「餌金以外」全てに白点が発生してるので環境が悪いことが確定です。

>夏場って実は病気が増えないですか?

病気の発生自体ほとんど経験ないのですが、これまではすべて原因がはっきりとしていたので適正な薬などを使うことによって解決、メインの魚を落とすことはなかったんですよね。
そして我が家の夏場はとんでもない気温になり、合わせて水温も上がりますが、基本的に水温に強い種が多いため大きなトラブルが発生したことがないのですよ。

>(気圧の変化は魚にも影響あるそうです)

ふむふむ、なるほど。
とってもこればっかりは対策立てようがないですね。

>魚にストレスがあるかどうかは分からないけど

人間と同じように「ストレス」と呼べるものかは不明ですが、同居魚に苛められて外傷がないのに調子を崩したりしてると環境にかなり左右されてますよね。
上から覗かれるだけで嫌がる個体もいるようですし。
この2匹は上から覗いてもまったく気にしませんが。
3号は触ろうとすると逃げますが実は1号は触らせてくれたりします。

>SPEED★KINGさん

お久しぶりです。

>エキデンス・メタエ

え?元気でしたよね?
ボス的存在でなかったでしたっけ?

>罹ってしまう時は水温が高めでも罹ってしまう

じゃあ夏場は白点にならないの?
これは結局水温が高いと今度は腐敗により水質が悪化しやすい、ということで水温高ければいいってものでも無いのかもしれませんね。

SHは病気に強いので心配はしていないのですが、夏の灼熱地獄前に新魚などお迎えして鑑賞環境を整えたかったんですよね。

わざわざ「大型」ナマズと記載しているので、古代魚などと混泳させるようなマニア向けナマズのことかもしれません。
私はナマズ類に明るくないので薬品耐性のことはよくわかりませんので。
あと鱗のないドジョウなどが薬品やら塩への耐性が低いことから一部のナマズも同じような体質なのかもしれません。

Edit | Reply | 

WHAT'S NEW?