オセレイトスネークヘッド15.06.15

 15, 2015 23:26
やっちまった……


パイロット第2弾。

パイロットオセレイト。
5045.jpg

1、3号に先駆けて2号を移籍。
コイツが平気なら……

正直、そういう理由も無くは無いが、一番の理由はラストチャンス。
2号にパイロット用の小赤を食べさせるため。
って移籍時点で3匹しか残ってなかったけど。

……

ぜんぜん食わない。
ずっと同居してやがる。

これ以上の延命措置は無いのだが。
どうすりゃいいの?

ここで想定外だったのが私の体調不良。
思った以上に酷い体調だったので飼育魚たちの世話どころか観察すらできなかった。
ずっとベッドの上。
1、3号の給餌も放棄。
2匹がこっちを見てひたすらくねくね。スマンな。

時折、新水槽から激しい音が聞こえていた。
今度こそ食べたかと思いきや、ぜんぜん減ってないみたいで小赤の姿が。
一度だけはっきりと2号が底で身体を擦る姿を確認してはいた。
白点?まさかな……

ようやく動く気になった金曜。
水中ポンプの位置がズレている。
オセ2号が体当たりして動かしたってことか。

2号が全鰭畳んで浮いている。
5046.jpg
そのまさか?
どうも白点っぽい。

このとき、2/3の小赤が死んでしまっていたがどれをみても白点の症状は見られない。

もうヒーターに頼らなくても28℃以上が当たり前の高水温。
立ち上げ中とはいえ大半の水を他水槽から持ってきたし、小赤数匹+オセレイト1匹と余裕ありまくりの環境で白点?

……

慣れってこわい。
感覚で判断できると驕っていた。
試験紙を引っ張り出してチェックしてみると……

亜硝酸、硝酸塩ともにMAXとはいかないまでも危険域を示していた。

急いで大半を換水。

小赤が菌を持ち込んだわけではなさそうなので、水質悪化からくる白点もしくはエロモナス。
これらは常駐菌、適正値にさえ戻せばいいので水槽全体の薬浴はせず換水で様子見。

オセ2号を更に隔離。
塩水とGFGの併用。

ただ、HC小赤は環境が苛酷だったことも原因で死んだのかもしれんが見た目病気を疑わせるような点はなかった。
オセ2号はそれだけ体力が低下していたってことか?2ヶ月以上何も食べてないしな。
小赤が尽きる前に食べさせてやろう、良かれと思ってやったことが裏目ったか。

うーん、これまでのSHの治療は強力な生命力&治癒力頼みだった。
2号を治せるのか?

まぁ、隔離&生餌すら食わない時点で詰んでるんだがな……

スポンサーサイト

COMMENT 4

Tue
2015.06.16
07:45

hotfink #-

URL

おはようございます。

亜硝酸・硝酸塩がMAX近くですか。やはり、ドライの立ち上がりは遅いのですね。しかも、プラスチックのろ材だと尚更?

バクテリアにとっては関係ないのかもしれませんが、ツルツルだと定着が悪いように感じてしまいます。

立ち上がり済のろ材をネットに入れて水槽水流の強いところに入れたりしたら幾分違うのでしょうか?

それか、外部併用でしょうか。

小赤を食べないの水質のせい?改善したら食欲増の可能性も!?

Edit | Reply | 
Tue
2015.06.16
13:49

サンマーマン #-

URL

体の不調、相当ひどかったんですね・・・
完全に回復するまで、無理しないでくださいね。

2号は頑固というか難しい性格ですね(^^;
魚を飼ってると、必ずこういう個体が出てきてやきもきさせますね。
しかし亜硝酸が高いのはまずいですね。
生体にはよくなくてヤマトヌマエビなんて高いとバンバン死にましたから、2号も多少なりともダメージを受けたのかも?

たぶん、水量が多くなるに従い濾過バクテリアの増殖も遅いと思うので、まだ待つ方がいいのではないかと思います。
ただ、生体を入れないとアンモニアを分解するバクテリアが増えないので(尿や排せつ物が必要)、いつかは生体を入れるのも必要なことですが。
濾過のバランスができる上がるまでは、とにかく時間かかるので、目指すバランスに行くように手を入れるしかないでしょうね。
熱帯魚では、濾過が難しいように思います。

Edit | Reply | 
Tue
2015.06.16
17:01

SPEED★KING #LkZag.iM

URL

こんばんは。

体が動かなければどうにもなりませんよね;
体調崩すと全部ストップしてしまうし・・・・。アクアリストにとっては危機ですよね。
もう、治ったのでしょうか?あまり無理はしない方がと言いたいところですが、オセレイトも大変なことになってますね。

ずいぶんとエサを食べていないようですが、ここまで来ると完全にお手上げですかね・・・。
水面付近に浮かんでヒレ畳んでるとか、どう見てもヤバい感じです。
治ってくれればいいですが、治ったとしてもエサを食べてくれないことにはどうにも。私では打つ手なしです。

ドライは、立ち上がりが遅いのが難点って言ってましたもんね~;
亜硝酸とか、今まで測定した記憶がないです。・・・・私っていい加減だな~。

Edit | Reply | 
Wed
2015.06.17
23:30

YMN #X8hD0oZE

URL

>hotfinkさん

ドライだと半年とも言われますから。
プラスチックは肉眼ではツルツルでも表面にはそれなりに溝があるらしいですけどね。

外部併用がベストかもしれませんね。
でも床直置き&水位低めなのでサイフォンが働くかどうか。
あと使用済みのウェットろ材はすべてDVDケースに突っ込んでしまって在庫なかったり。

ただ、SHは換水をこまめにして亜硝酸、硝酸塩がたまりすぎない環境さえキープできれば物理ろ過だけでいけるとも?

>サンマーマンさん

高熱だったのは一時?であと胃腸系はまったく問題なかったのですが、何故かインフルエンザ時並の体感だったんですよね。
高熱明けのスッキリ感が皆無なのですがどうやら回復したようです。

2号は回復したとしても生餌も食べないほど頑なだと厳しいです。
一時的に生餌を食べたとしてもその後、人工飼料はダメだとしても冷凍飼料ですら無理な気が……

今更ですが、オセレイト2号を放り込む前に水を1/3でも換水しておけばよかったかな、と。

今はメダカを泳がせてますが、チョロチョロ落ちてます。
オセレイトたちに食べさせてもとくに問題ないので病気ではなさそうですが、今は亜硝酸も硝酸塩もほぼ検出されてません。

一般的な熱帯魚だとろ過が出来上がるまでは生体厳禁?なイメージなのですが、SHの場合、水槽&投げ込みフィルターで即OKとも言われてたり。
物理特化で結構いけちゃうんです。

>SPEED★KINGさん

体調不良でも結構PC前にいたりしますが、今回はPCの前にいるのも面倒でほとんどベッドの上でした。
お陰で腰が……

生餌を食べなかった理由が水質ならまだ手を打つ余地はあるんですけどね。
とりあえず2号は動くようになってきて、こっちも見てるんですがいかんせん見た目のダメージが回復してないんですよね。
そりゃ治癒力が高いといってもそれはちゃんと餌を食べていればの話ですからね。
通常1日もあれば回復する鰭裂けですら今は回復しないのではないかと。

>亜硝酸とか、今まで測定した記憶がないです

これは意外ですね。この辺もキッチリしてそうなのですが。
まぁ、私も弟に「そんなことわざわざやってんだ」とか言われましたが。
逆に肉食魚なんかは生物ろ過にナーバスにならず物理ろ過と換水をきっちりやってれば今回のようなミスをしなくて済んだのかも?
弟なんかは即日の移籍を薦めてくるくらいですからね……

Edit | Reply | 

WHAT'S NEW?