水槽雑記15.02.26

 26, 2015 23:33
4839.jpg

そりゃ大きくもなるわ……


バルブの成長加速度が半端ない。
4840.jpg
狭いトコから広いトコに移ったことも要因の1つなのだろうが、とにかく餌を食べる。
ポリプ用のおとひめを食べまくっている様子。
4841.jpg

ポリプ陣のおとひめへの食いつきがイマイチなので、先におとひめを与えた後、キャットも入れるのだが……

ポリプが1粒食べる間にバルブは一気に4粒持っていっちゃう。



実は小赤が白点病に罹っていたり。
気づかずにオセレイトに与えていた結果、2匹して身体を擦りまくっていた。

言い訳だが、ジャンボタライでキープしているので横から見ることができず、更に専用の照明がなく、他水槽の明かりのみなので白点になってると数日わからなかった。
週末、掃除のときに太陽光に照らされて初めて気づくとか……

不思議なことに?オセレイトは丸1日と短期間で回復。

で、当の小赤たちだが重症個体10匹程度を隔離、軽症者他はそのまま。
半分換水&塩分濃度を若干高めの0.5%近くにしたのみで常温様子見。

……

治った。
しかも死亡ゼロ。

軽症チームはあっさり治ったので短期間の様子見後直ぐにオセレイトへ給餌開始。
重症チームは念のため長期的に様子をみたが狭いケースの中、生き延びた。

白点にしてしまったのはこちらの受け入れキャパオーバーによるものだと思われる。
やっぱりここのはいい小赤なんだろうな。

さすがにストックするには200匹は多かったか。
やっぱり生餌は食いつきいい反面、リスキー。
まぁ、現ストックが尽き次第、生餌は控える予定だから……

スポンサーサイト

COMMENT 2

Sun
2015.03.01
02:46

SPEED★KING #LkZag.iM

URL

こんばんは。

品揃え豊富な遠方のホムセンに行ったにもかかわらず、収穫なしというとんでもない結末で、ちょっと鬱ってますが・・・。

バルブでかっ!
下の記事の写真よりもさらにでっかくなってませんか??
今日、遠出ついでに他のお店に久々に行ったんですが、レッドフィンバルブ売ってました。
しばらく悩んだんですが、ここでの記事を思い出して踏みとどまりましたw
カラプロもいましたが、うちのよりもひと回りほど小さくて、価格は3,600円でした。

小型魚ではないので、体力的なものも関係あるかも知れませんが、過去に白点にかかったことのある魚は、ある程度耐性がつくのか、重症化しませんよね。うちの連中も、小赤が白点になった時は感染すらしませんでした。

小赤たち犠牲者ゼロってすごいですね。
いい小赤はやっぱりコストパフォーマンスにも優れているんですね~。

Edit | Reply | 
Mon
2015.03.02
23:47

YMN #X8hD0oZE

URL

こんばんは。

バルブは日に日に目に見えて成長しています。
存在感はダエモンを超えてしまったようです。
こういう種なのか餌のおとひめのせいなのか?
おとひめは養殖用飼料で急激に大きく・太らせることを目的としたものらしいのでその影響が大きいのではないかとにらんでます。
ただ、こういう急激な成長って身体に負担がかかるのではないか?という疑念も。
人間でも急激に太ると脂肪の増加に皮膚がついていけず裂けたりしたりするじゃないですか。

レッドフィンはさらに大きくなるという噂ですからもっと大型の水槽持ちじゃないと手を出せないのではないでしょうか?
ただうちのオレンジフィンは尾鰭には色が付かないみたいですのでレッドフィンだともっとキレイかもしれませんね。
また彼らって安いんですよね。
うちのも1コインくらいだったはず。送料無料の調整に。

カラプロって一桁cmのころは安価ですけど10cm超えると基本高額になってさらにショップで価格もまちまちですよね?
私が検討しているところはネット通販なので別途送料がかかってしまいますから特別安価ではないと思いますが2匹以上ならそこそこお手ごろ価格になりそうです。

>過去に白点にかかったことのある魚は、ある程度耐性がつく

これ聞いたことあるんですがウィルスでもないのに不思議ですね。常駐菌なのに。
逆に今ならある意味新魚導入チャンス?

他店の小赤だと通常キープでも多少のロスは覚悟の上ですがここのショップは白点病でもロスが出ない、という実績からやはりいい小赤なんだろうという結論に至ります。
いつもどおりの100匹発注で白点になったならちょっと状態を疑いますが今回はいつもの倍とこちらのキャパオーバーの線が濃厚ですから。

Edit | Reply | 

WHAT'S NEW?