オセレイトスネークヘッド15.02.05

 05, 2015 22:42
録画してみた。
※生餌を取り扱うので閲覧注意


今回はオセレイト2号も待機していて投入と同時に飛び掛ったみたいだが不発に終わりいじけた?
3号の迫力に気圧された?
とにかく豪快なんだよ。

ぜんぶ3号が食べちゃったな。
4815.jpg

小赤を一気に投入しちゃうと3号がかっさらっていってしまう。
数匹タイミングをずらせば2号も獲れるようになった。

2匹でくねくね。
4816.jpg

照明点灯時はぜんぜん小競り合いがない。
仲良さ気。

3号の尾鰭はバラバラなんだけど2号はキレイなものなんだよね。
見てないときはやりあってるのか?
スポンサーサイト

COMMENT 4

Thu
2015.02.05
23:34

サンマーマン #-

URL

3号の瞬発力半端ないですね!身体能力高いですね~
2号が反応する前に口に入ってますね(笑)
やはりちょっと前まで生存競争厳しい自然界で生きていたからなのか?

熱帯魚を飼ってる頃は、ワイルドの定義って店によって曖昧でアクア業界でもきちんと議論されてない気がしてました。
例えば、マグロの養殖みたいに小さい時に獲って、大きく育てた魚(畜養)でも熱帯魚界ではほとんどワイルドと言いますよね。
買い手がつかず水槽で数年経過しても、ワイルドだろうし。
結局、出生が自然界ならワイルドと、言ってる事が多いような。
あと、スレスレなのが両親でなく片親だけがワイルドでも店によってはワイルドF1と記載されますし。
やはり目で見て自分で確かめるしかないですよね。
今は、ネットでも写真が個体ごとに載ってるのもあって、いい時代になりましたね。
やはり、どんな小さな魚でも長年付きっていくのですから、1匹ずつお気に入りを選びたいですよね。

オセレイトはまだ、アジアアロワナやディスカスのように品種改良がなされてないようですが、これから青味が強かったり、グリーンがかったりを固定すると面白い気がしますが、反面フィッシュイーターとしては人の手が入ると魅力が失われる気もします。

3号は水槽生活が短いので、数ヶ月でも長い2号に比べると、まだ自然界での緊張感を持ってるんですかね~?
オセレイト動画は、生き生きしていていいですね♪
これだけ色の違いがあると、これからどう変化するか互いに比べれるので面白いですね。

Edit | Reply | 
Sat
2015.02.07
23:33

YMN #X8hD0oZE

URL

2号もようやく本調子?
昨日は3号とほぼ互角の取り合いをしていたようです。
10匹一斉に入れたのに1匹しか捕食シーンを見られないほどの勢い。
ただ、ガラス面に突っ込む音が激しくちょっとダメージが心配ですが……

前にネタにしたことがあるのですが、ことオセレイトに関してだと基本的に20cm超えで入荷される個体は畜養らしいです。
なので畜養個体は無表示でなのではないかと。
そもそも蛇頭については「ブリード」という記載で販売されているのをあまり見たことがないんですよね。
カムルチーくらいでしょうか?カムルチーは中国などで食用としての需要があるみたいですから。
鑑賞用販売目的とした場合、蛇頭は繁殖を経由する純粋な?ブリードはコストに見合わない?

ポリプなんかの純粋なブリードですと代を重ねることに丸みを帯びてワイルド個体からかけ離れていくようですが、1世代限りでみると30cmのオセレイトの畜養個体とワイルド採取個体で確実に違うといえるのかは微妙?
今回購入した3号はあきらかに1,2号と違いますが単なる個体差の可能性も否定できません。
2号は23cmでのワイルド採取ということですがまだ若魚のレベルですから正直これも畜養なのでは?と思ってしまいます。
オセレイトのワイルド個体!と自慢するにはもう成長の止まった40cm前後で採取された個体でないと意味がないのかもしれません。

オセレイトに限らず、蛇頭はそもそも雌雄の判別が困難?無理?
♂が派手で♀が地味とかないですし、姿かたちが違うわけでもないですし。
オセレイトは青が♂で緑が♀だとか噂を聞いたことがありますがこれも眉唾っぽいです。
小型蛇頭のドワーフ系は国内でもそこそこ繁殖例が見つかりますがオセレイトは海外で?成功したとかしないとか小耳にはさんだことがある程度で詳細がわかりません。
特に産卵方法としてマウスブリーダー、泡巣タイプの2種が挙げられますが、オセレイトは「不明」という記載がほとんどで極稀にコウタイタイプで水草に産み付ける、というのを見かけたことがあるくらい。
生きているうちにオセレイトの品種改良個体が出回ることはないような気もします

Edit | Reply | 
Sun
2015.02.08
11:11

SPEED★KING #LkZag.iM

URL

少々、ご無沙汰です。

>ぜんぶ3号が食べちゃったな。
不適な面構えですね!顔にかかった縞模様がよりワルっぽい雰囲気でカッコイイです。

こうして比べてみると、同じ魚なのにそれぞれ違いがあって面白いものですね。
配置が金閣・銀閣みたいですw

ホムセンに売っていた(おそらく引き取り個体を集めた大型水槽)オセレイトは、ナイルパーチ、アジアアロワナ、エンドリケリー、オスカー、ブラックコロソマ、アイスポットシクリッド、ダトニオと同居してましたが、体は綺麗なものでしたよ。

Edit | Reply | 
Sun
2015.02.08
23:08

YMN #X8hD0oZE

URL

こんばんは。

1号も2号も最初は「悪い顔だなぁ」と思っていたのですが3号は圧倒的ワルですね。

同産地でここまで違うとなるとカリマンタン産を欲しくなってしまいます。

ホムセンにそんな大型水槽があるのですか?
近くにあれば特に用もないのに毎週行ってしまいそうです。
自宅付近にショップがある人が羨ましいです。

Edit | Reply | 

WHAT'S NEW?