水槽雑記14.10.29

 29, 2014 23:10
アクアにお金使いたい!

アクアって初期費用はそこそこかかるけど安定しちゃうとホントお金かからないのよ。
まぁ、初期費用だって抑えようと思えばかなり安価でもいけるからアクア自体、意外とお金のかからない趣味では?
維持の水道代なんて微々たるもの。
唯一?熱帯魚だと冬場のヒーターが電気代食うくらいか?

120cm導入時は毎週のようにcharmに発注してたけど注文履歴見てみたらこの半年で1回しか利用してない。
定期的な出費は餌代とマット代くらいなもの。
60規格のマットはかなり安価だし、120用は弟経由でキングマットにしたらかなり抑えられた。

ただ、無駄遣いは大っキライなんだけどね。
だから別に高額なものを買いたいわけではない。
なんか水槽に変化が欲しい。
最たるものは生体なんだろうけど無闇に増やすわけにもいかないわけで。

どうしよう?
前々から検討していた120cm水槽に水流を作る計画を実行すべきか?

オセレイトは一般的なSHと違って比較的水流のあるところに住んでいるらしい。
ポリプに関しても新陳代謝を促す効果はあるらしい。

穏やかな水槽内では運動不足に?
少なくともオセレイトとポリプに関してはある程度水流を強くしても大きなデメリットは無さそう。
ダエモンはどうだか知らんけど。
まぁ、常時水流があると疲れちゃうだろうから水流を作るにしてもタイマーと連動させて照明点灯時だけとか鑑賞時のみとかにするつもりだが。

さて、水流を作る方法としてどっちがよいのだろうか?

水中ポンプorサーキュレーター

単純に水流を作るだけならサーキュレーターのほうが安価でハイパワーなのがある。
ただ、水中ポンプだとディフューザーを使えるんだよね。
エアレの必要性はないけど、ほら見た目がいいじゃない?
水草なんて無いようなものだから水流があるだけじゃ見た目に大きな変化は無いだろうし。
また、水流以外にも用途が広い。

○サーキュレーター:ニューウェーブNWA2000S
・適合水槽(淡水):100~240L
・流量:2300L/h(調節可)
・省電力設計のエコタイプ
・すっきりとしたコンパクトボディー
・charm本店価格:¥3,420

120cm規格水槽だと数値的にはこのあたりのスペックになるのだがこんなに流量必要なの?
これに匹敵する水中ポンプとなると選択肢が……

水流用途の水中ポンプとしてはマキシジェットをよく聞くのだが、現在入手できてハイパワーなのは流量:1000L/h程度。
これならエーハのコンパクトポンプのほうが安価だしなぁ。
この程度のパワーで十分ならサーキュレーターはネワウェーブNWA1000Sで十分になるが……

試しに手持ちのエーハコンパクトポンプ600でやってみたところ吸水口へ水の流れを作る、という役割なら十分だが魚たちが逆らって泳ぐほどの水流はない。
1000ならそれなりなのか?

まぁ、どっちにしろ設置位置は排水口付近になる。
そうなるとL字パイプは外し、排水はまっすぐ落水し巻き込む空気を水流で拡散することになるから水中ポンプ&ディフューザーにこだわる必要はないのかもな。

サーキュレーターにすっか。
安価でハイパワー、また消費電力が圧倒的に低いし。

よし、今週末は三連休だしな。
今晩は早速エアチャームでも……

¥10,000~購入のおまけ、「風山石 SSサイズ 5個」いいなぁ。
でもそんなに買うものもないしなぁ。

スポンサーサイト

COMMENT 2

Thu
2014.10.30
00:29

SPEED★KING #LkZag.iM

URL

こんばんは。

水中ポンプとか、まったく使ったことがないので別世界の話のようです。

アクアに遣うとなると、やはり生体というのが一番多いのですかね。
飼いたい魚はたくさんいますが、やはりスペースが限られますし、120cmでは入れられる魚もある意味限定されますしね~。

うちは逆で、必要な物が絶えずあるのでまとめて買うと簡単に万単位になってしまいます。うちのブログでおわかりのとおり、他の趣味もインドアなわりに金がかかるのでとっとと今の仕事を何とか辞めないことにはどうしようも・・・。

このニューウェーブなるもの、海水水槽にも使われてるんですね。

Edit | Reply | 
Thu
2014.10.30
23:27

YMN #X8hD0oZE

URL

こんばんは。

水中ポンプは使われないのですか?
まぁ、私も換水の排出用途でしか使ってませんが、グランデのポンプが壊れたら水中ポンプに切り替え予定です。
そのため1個は予備で持ってます。
水中ポンプだと水位を気にしなくていいのが魅力ですが地震とかでズレたとき怖いですね。

>アクアに遣うとなると、やはり生体というのが一番多いのですかね

広い意味ではそうでしょうか?
最近思うのは、大型魚・肉食魚であっても幼魚のうちの価格なんてたかが知れていて小型魚と大差ないんだなぁ、と。
で小型魚だと多頭飼育が当たり前だったり年魚だったで買い替えサイクルも早い。
対して肉食魚は大きくなるのが前提のため小さいうちでも大きな水槽に単独だったりまた丈夫・長寿ですよね。
そうなると、生体に直接かけるお金って小型魚のほうが高額に?
対して肉食魚・大型魚は餌代がかかりますよね。
きっと1~2年というスパンで見たとき、消費した金額はほとんど変わらなくても生体にかけたお金って小型魚のほうが多く感じるのではないかな?と。
餌代ってランニングコストに認識なのであまりアクアにお金かけたって気にならないんですよね。

>必要な物が絶えずあるので

え?そんなに常時必要になるものありますか?
まぁ、ヒーターとかポンプとかマットとかセールのときにかなりまとめ買いしているのでそのときはかなりの出費だったかもしれませんが……
ストックあるの忘れてて追加購入しちゃったことも少なくなく……

>海水水槽にも使われてるんですね

私のイメージでは、海水水槽はサーキュレーター、淡水水槽は水中ポンプ、でしょうか?
詳しくないのであくまでイメージですが。

Edit | Reply | 

WHAT'S NEW?