カブトエビ

 15, 2014 23:42
川の増水でできたのではなくおそらく雨水による水溜り。
4376.jpg
こういうとこはアメンボとか翅もちの水生生物とかスネールくらいだよな。

……

ああ、おたまじゃくしもありか。
4382.jpg
まぁ、カエルになるのが先か、干上がるのが先か……

あれ?
おたまじゃくしじゃないぞ。
4383.jpg
カブトエビじゃん。

久々に見た気がするわ。
かなりの数がいる。

ドコにでも?いるけど歴とした生きている化石である。

二つ目に見えるが中央に小さな目があり三つ目。
4384.jpg
4385.jpg
これが生きている化石たらしめる原始的特徴らしい。

うん、気持ち悪いね。まさにエイリアンだね!
4386.jpg

ちなみに一瞬小魚が泳いでいるかと思ったらホウネンエビだった。
見失ってしまったため、写真はなし。


撮影場所:高麗川河原
CX3

スポンサーサイト

COMMENT 2

Thu
2014.07.17
14:31

イモ #t50BOgd.

URL

懐かしい♪

シーモンキーって呼ばれてませんでしたっけ?
また別物ですかね?
なんか飼育セットでフリカケみたいな卵がある奴ありましたよねw

Edit | Reply | 
Thu
2014.07.17
23:30

YMN #X8hD0oZE

URL

>サンマーマンさん

なぜかコメントが反映されません……

全国の田んぼで見られるとはいっても確かに農薬には弱いようでどこでも見られるわけではないようですね。
ブラインシュリンプがいい餌である以上、ホウネンエビもいい餌になるのでしょうね。
完全淡水ですし。
また採取個体は農薬に汚染されていないという証明にもなる?ので安心して餌に使える?
寄生虫関係はわかりませんが……

大量発生するとその年は豊作になるとか。
豊年=ホウネン


>イモさん

シーモンキーは一応別物ですね。かなり似てますけど。
ホウネンエビモドキ科なので近縁種でしょうか?
その名のとおり、「シー」ですから塩水湖などに生息していて日本には基本的に生息してません。
一部の種はブラインシュリンプと呼ばれ熱帯魚の稚魚の餌として有名でしょうか?
※本来ならサンマーマンさんのコメントで言及されてたのですが……

私も子供のころ雑誌の付録か何かで持っていたはずなのですが孵化させた記憶がないんですよね。

Edit | Reply | 

WHAT'S NEW?