アブラゼミの羽化再編集

 10, 2014 23:20
古い写真データを整理してたらアブラゼミの羽化データを残しておいたことを思い出した。
過去にGIFアニメにしてネタにしたのだが当blog画像データとしてのサイズ制限に引っかかるので外部サイト経由にしたんだけどサービス終了しちゃったんで見れなくなってた。

ということで最近使い始めたyoutube用に再編集してみた。

まぁ、youtubeには写真コマ撮りじゃなくてHD動画とかUPされてるから需要はなさそうだけど。
また1分のインターバルだからちょっと間隔空け過ぎ?
30秒とかもっと細かく設定したかったけど経験なかったので何時間かかるかわからなかったんだよね。
長時間とも聞いてたからデータ量や電池の関係でここらが安全かな?と。

で、2回観察した経験からすると翅が乾ききるまではかなりの長時間を擁するが、翅が伸びきるまでだけなら1時間前後(羽化が始まってから)。
もっと短時間のインターバル、もしくはサイズ等調整すれば動画撮影も可能かもしれない。
ただフラッシュ焚くと思った以上に電池食うからな。動画も然り。1時間保つかな?

あと動画撮影でネックになるのは明るくしなくてはならないということ。
確か暗い時間帯でないと羽化しないと記憶しているが……

周囲が明るいうちは羽化を始めない。このため、室内でセミの羽化を観察する場合は電気を消して暗くする必要がある。
セミ


だよね。
始まってしまえばいいの?

また観察してみたいトコだが……

自然界で観察するより室内で観察したほうが確実。
自然界で見つけても羽化の始まるタイミングは確実じゃないので長時間体制をとらなくてはないらないし撮影に適した場所とも限らないしやぶ蚊に襲われるだろうし街中だと不審者と思われちゃうだろうし。

だからといってわざわざ羽化失敗リスクを高めてまで採取するのもいかがなものかとも思う。

過去2回はあくまで「保護」という大義名分を掲げて自己を納得させた。
帰宅途中、アスファルト上ど真ん中をのこのこ歩ってたんだよ。

オレ自身踏み潰す可能性はあったし、拾おうとしたその手を後ろから来た自転車がかすめて行ったし。
だから、また危険な状態にあった場合は保護して観察したいなぁ、と。

まぁ、公園沿いだったからそばの木に止まらせてやればいいだけでは?と言われると返す言葉も無いのだが……
スポンサーサイト

COMMENT 2

Fri
2014.07.11
07:12

サンマーマン #-

URL

兵庫では、少し南に逸れたのでさほど影響がなくてほっとしてます。
そちらは、どうでしたか?

水槽用のファンって、大きいのがないので、自作するのも面白そうですね~
その時は、またアドバイスお願いします^^
以前120cmで水草してた時は、クリップ式の普通の扇風機を回してましたがよく効きましたよ。でも、かなり水量が減って水足ししてましたけど(笑)

セミの羽化、美しいですね♪
背中がパックリと割れる瞬間なんて、盛り上がってきて迫力ありますね!
羽も、最初はごく小さいのにあんなに伸びるんですね~
コマ送りも、今流行りの鉄拳風で、いいですね~
これを、生で見たら凄い感動でしょうね!
私も早起きして散歩して、道で遭遇したら救助と言う名目で持ち帰り、タオルを巻いた割り箸?で観察します^^

Edit | Reply | 
Sat
2014.07.12
00:12

YMN #X8hD0oZE

URL

影響なく何よりです。
こちらは正直全くと言っていいほど影響ありませんでした。
網戸で寝てました。

大型水槽にクリップ式扇風機は定番ですね。
難点は見た目が悪いのと音でしょうか?
PCファンはホント静かで見た目スマートです。
12cmファン1個で60規格にはオーバースペックでしたが120となるとちょっと心配ではあります。

ぜひ、セミの羽化は体験していただきたい。
昆虫の中でもかなり神秘的だと思います。
そしてセミの羽化シーンの中でもこのアブラゼミが一番美しいのではないかと思ってます。
なぜなら世界的にも珍しい翅全体が不透明なセミであるからです。
その不透明さが、羽化直後の翅の神秘的な白さにつながるのですね。
そちらでのセミの主流はクマゼミになるのでしょうか?

Edit | Reply | 

WHAT'S NEW?