蓋の作成

 12, 2013 23:51
育成用水槽は上部フィルターセットを購入したため夏場用の蓋がない。
いろいろ考えたが……

とりあえずこれで。
3897.jpg
バックスクリーン代わりのカラーパネルの余りをフレームとして利用。
3896.jpg

¥100ショップで粗目の鉢底ネットを見つけたのでそれを結束バンドで固定。
3898.jpg
弾力性がありながらそこそこの硬さがあるので4つ角固定すれば十分。
一般的な?鉢底ネットは目が細か過ぎて通気性に難があるし更には黒色なので光を遮ってしまいそう。

3899.jpg
細長いのでたわんでしまうがフィルターケースに両面テープでフックを固定し結束バンドで吊るしておく。

3900.jpg
3901.jpg
水槽フレーム前部にも3ヶ所にフックを貼り付け蓋にゴム紐を。

これで飛び出し事故のリスクを下げられるのではないか?
ただ、スチュワート君みたいな20cmオーバークラスの衝撃を防ぎきれるのだろうか?

今季はなんとかなるか?
来季にはフレームの強度&重さを改良しなくてはならんかな?
これが型枠代わりになるから塩ビのパンチングボードをカットしてもいいかも。

……

うーん、この粗目でもかなり暗くなるな。
3902.jpg
クリア、せめて白色な素材であればだいぶ違うんだろうけど。
ライトリフトが高すぎるのもあるけど水温を上げないことがまず第1だからな。
鑑賞は二の次だ。


ちなみにバックスクリーンは黒が欲しかったのだが今回は在庫に乏しくこの青くらいしか選択肢がなかった。
結果として暗くなるから黒がなくてよかったのかも。

スポンサーサイト

COMMENT 0

WHAT'S NEW?