Photo Gallery

貪欲なビキールとオセレイト5号に囲まれて餌の確保が難しいラプエン。
6260.jpg

これを使います。
6261.jpg

早朝、薄暗い時間帯だと前面で待機してます。
6262.jpg
このプロホースの筒を使って口元まで直接沈下性人工飼料を運びます。
最近は筒を入れただけで餌が運ばれてくるのを憶えたようで。
2粒毎に落としますが水中で大半をキャッチします。

まぁ、筒が透明なためオセレイト5号に気づかれると筒の横からアタックされるんですけどね。
5号を追い払いながら与えるのも結構大変です。

スポンサーサイト

WHAT'S NEW?