Photo Gallery

やっぱり若魚のワイルドって当てにならないな。
5874.jpg
「ワイルドらしい」と謳う鋭い顔つきとか体型を保つのって無理?

6号は初期生餌、馴れてからはずっと冷凍飼料。
5号と違ってポリプテルス用の人工飼料の拾い食いはしてない。

オセレイトの若魚を育成するにあたり120cm規格というのはかなり広い部類だと思う。
タイマー制御で水流も作ってる。

それでもやっぱりデブ?
5872.jpg

ちょっとお腹がぽっこりしちゃうんだよな。5号ほどじゃないけど。
まぁ、頭の角度は悪くないと思うんだ。

餌の与えすぎ?
でも過去1,3号を育成してたときと比較したら少ない。
ヤツらはいっくら与えてもクレクレが止まらなかったのに対し、5,6号はある程度食べると休憩or自由遊泳タイムに自発的に入る。
まぁ、5号はその後ポリプテルス用の人工飼料を拾い食いしてたんだけど。

3号は理想の顔つき&体型を保ってるけど奇跡的?
まぁ、それぞれ個性ってことで面白いけど。
コイツは背中の鱗一枚一枚の発色がなんかキレイ?

30cmは超えた。
5873.jpg
26~27cmで購入し3ヶ月半超。
こう見ると5号の成長スピードはとんでもなかったな。
3~4ヶ月で29cm→35cm±。1,3号と比較しても見劣り無いレベルになったもんな。

ワイド勢と見劣り無いレベルまでになるにはやはりあと3ヶ月くらい必要か?

スポンサーサイト
前回の蜘蛛ネタは人によってはグロ注意?
ということでかわいらしい蜘蛛を。
5876.jpg

ハエトリは正面から見ると更にかわいいのだが正面から撮らせてくれない。
5875.jpg

どう周りこんでも反対側を向かれてしまう。

名称は、腹部の斑紋が矢筈(やはず:矢の末端の弦に番える部分)に見えるからっぽい。
5877.jpg

オスは、黒色で腹部に白色の横帯があり、メスは、灰色で腹部に褐色の縦条が2本ある

昆虫エクスプローラーさまから引用

♀カラーだけど斑紋が♂。
これは♂の亜成体?まだ幼体?

でかくなった。

5866.jpg
120cm規格のカラプロA個体。
120cmワイドのB個体と2匹ほぼ同サイズで購入。

一時はB個体に引き離されたのだが、今年に入ってから急激にサイズアップして逆転。

B個体は大型オセレイト陣に囲まれているので相対的に小さく見えてるけど
5871.jpg

それでもA個体、特に顔の圧迫感が……
5867.jpg

発色&背びれの伸長はB個体のほうが美しいけど。
5869s.jpg

今年に入ってからというよりもしかしたら今年1/末にやってきたオセレイト5号の影響?
この頃から目に見えて大きくなり始めた。
高頻度でオセレイトに追いかけられてた。
噛み付いたりはしないので怪我もなく、ポリプ舐め舐めも激減したので好都合だったのだが。
「速く大きくならなきゃ殺られる!」という危機感が成長を促したとか?
5868.jpg

お前の様子を見に来たのだがまさかこんな形で出会うことになろうとは……

5863.jpg
我が県ではまだ”準”な絶滅危惧種のセグロイナゴ。
それを捕えたナガコガネグモ。
5864.jpg
コイツ結構パワーあったと思うが所詮幼虫か。

別の個体が捕えたのはミツバチかな?
5865.jpg
このあたりは定番か。

と思っていたのだがそもそもイナゴキラーらしい。

成熟してないアキアカネかとも思ったがウスバキトンボ?
5861.jpg
アキアカネのほうがメジャーだと思っていたが代表種ってだけでウスバキトンボのほうがよく見られる種っぽい。

アカトンボかと思ってるのは意外とコイツなのかも。
5862.jpg

120規格は現在ベアタンクのまま。
ミズミミズの温床になっていたガーネットをとりあえず取り出したわけだが……

結局ミズミミズは減らず底砂に潜れないために水中を漂いまくって鑑賞に耐えない。
白濁りしてるかと見まごうほど舞ってたり。

現在の換水量。
8割抜いて3割を120cmワイド水槽から調達、5割新水。
これでかなり減らせるのだが、フィルターを動かすとまた増えてしまう。
まぁ、フィルター内のウェット層に大量にいるんだろな。
レイシー上部フィルターを設置してもう2.5年以上経過してるわけだが……

濾過槽内に一切手を加えていない!

そう。マットを交換してるだけなんだよね。
水槽全体の重量を抑えるために選んだセミドライ方式。
ウェット層が最下層で上にドライボール。
簡単に濾過槽を掃除できないのよね。
フルウェットならろ材をネットか何かに詰めておけばある程度楽に掃除ができる。
ドライボールをきっちり積んでるため崩す→再び積み積みとかもうヤダ。

弟なんかは濾過槽にホース突っ込んで水道水注入→汚れ覚悟で飼育層に排水、とかやってるらしいけどこの長期間に溜まった汚水とか怖い。

そこで生体購入時に使われていた袋を使って試してみる。
袋を排水口にあて手で押さえ、注水ホースを濾過槽に突っ込む。

うっわぁ……

どす黒い水が袋にどんどん溜まってゆく。
あ、その写真は撮ってない。

袋を取り出せなくなると困る&あくまで実験なのでちょっとで終了。
それでも効果はあったようで、フィルター稼働させても飼育層内のミズミミズはかなり減った。

それでも白っぽい。これはオセレイトにピントが合ってないわけではなくたった奥行き45cmなのに奥面にいくとこれだけ視界が悪くなる。
5859.jpg

まぁ、クリアのベアタンクだと反射で水槽内がちょっとボウっとしてしまうのと上部からの排水で巻き込まれた空気をサーキュレーターで粉砕、細かい泡にしてしまうのでそもそも視界が悪くはなるのだが。
5860.jpg

これはホントの白濁り?ウェット層にカルキ抜きしてない水道水ぶっこんだわけだし。
中途半端だったしなぁ。
どーせならもっと本格的にやらんと?

おそらくシオカラの♀。
5853.jpg
5854.jpg


うーん、近くで撮らせてくれるのはいいんだけど面白みが無い。
5855.jpg
5856.jpg
なんとかホバリングシーンを撮りたいんだが。

くっ、やはりズームマクロでは無謀か?
5857.jpg

頑張った?
5858.jpg
※被写体との距離、10cm前後

お、アゲハか?
なんか羽化したばかり?
液晶モニターで確認。
5852.jpg

……

あれ?アゲハにしちゃ尾状突起が長いような?
ボディもなんか違う。
それにサイズもちょっと小柄。
アゲハじゃない?
もしかして初めて見る蝶かも。

ともっといろいろな角度から撮影しようとしたら逃げられてしまいこの1枚しか撮影できず。
不用意に近づいてしまった。

たった1枚だけながら尾状突起の特徴、そして翅カラーからおそらくホソオチョウの♂っぽい。

もともと日本には生息していなかったが、1970年代以降日本各地で局地的に発生が確認されている外来種である
wikipediaより引用



外来種なのか。しかも要注意外来生物。
本来は駆除しなきゃいけないのだろうが、確かに美しい蝶だったなぁ。

本種は飛翔能力が低いため、現在までに生息が確認されたことのある地域は、違法な放蝶といった人為的手段で分布を広げたものと考えられている


か……

先週末再び見かけた場所に行ってみたが見つからなかった。ただ……

本種の幼虫の食草はウマノスズクサで、これは日本に生息する在来種のジャコウアゲハと同じ食草である。したがって、餌資源をめぐって競争する危険性がある


確かに大型の黒いアゲハが飛んでたな。ほとんど羽ばたかず風にのって不規則にひらひら舞ってたからジャコウアゲハだったのかも。
追いつけなかったので写真は撮れず。

ビシャァァァ!

うわっ、なんかスゴイ水を撒き散らす音がしたな。
夏場の網蓋にはこういうデメリットがあるんだよなぁ。

120cm規格のデルヘッジら小中型ポリプテルス。
水面に空気を吸いに来たあと、反転するときに尾鰭で水面を激しく叩くようになり水をすっ飛ばす。
昨年まではそうでもなかったんだけど。

……

げっ

5846.jpg
水槽と水槽台天板の隙間に水が入り込んでる。

木目もどきがあるからアクリル水槽みたいに下に何も敷かないと隙間ができるんだよね。
まぁ、隙間があるからこそ万が一水が漏れたとしても乾く?
でもこれちゃんと乾くんかな?

……

心配するまでもなかったか。
送風でもしようかと思ったが放置でも2日ほどで乾燥したっぽい。

市販されてる水槽台といっても組み立て式の安物なので中身は所詮MDF。
ガワをPVCシート貼り加工してあるだけだから放置しておくのはあまりよろしくない。

ああ、床の水滴も拭いて……

ビシャァァァ!

おまっ、冷ってーな。
頭上から水をぶっ掛けられる。



バッシャアァァァン!

お前ら布団まですっ飛ばすな!
5847.jpg
120cmワイドでは冷凍飼料に3匹が同時に飛び掛ったため水槽外に大量の水を撒き散らしやがった。



マジかよ……

せっかく乾燥したと思ったのに今度は反対側から盛大に浸水。
5848.jpg
この水槽台、正確な寸法は幅1210mmなんで1200水槽だとちょっと余る。
余った部分に水をすっ飛ばされるとこうなっちゃうんだよなぁ。

顔を背けただと?


先日、オセレイト3号の逆鱗に触れお仕置きされたダエモン。
5851.jpg
大人しくなるかと思いきや、それでも挑発。
昔は後ろを向いてる隙に後ろから、だったのが今では真正面からメンチ切る。
顔付近にアタックもする。

懲りねーなぁ、だから噛み付かれるんだよ。

なん…だと?

ダエモンの顔付近への執拗な攻撃に対しなんとオセレイト3号が威嚇せず嫌がって?顔を背けてしまった。
それも数回確認。
カメラ構えると大人しくしやがる……
5849.jpg


オセ4号も最近はスベニに打たれっぱなし?
5850.jpg
スベニが追いかけられて逃げ惑う姿を全くと言っていいほど見なくなったのだが。

比較的大人しいとは言え、やっぱりシクリッドなんだなぁ、と実感する今日この頃。

あれ?お前なんでそんなドス黒くなってんの?
5843.jpg
あ、なんか傷もあるな。

あー……

とうとうオセレイト3号の逆鱗に触れたか。
5844.jpg
こりゃ思いっきり噛み付かれてるな。

お互いにらみ合ってそのままオセレイトに真正面から噛み付かれた?

1,5号に追いかけられたりしてるところあまり見た記憶がないから、3号を挑発しなければ平穏な生活送れると思うんだがなぁ。
5845.jpg
まぁ、これで大人しく……

まったく懲りない悪びれない。
今日も変わらず3号を挑発中。

さむっ!


今日は全国的に酷暑みたいだったね。
自宅付近のピンポイント予報も38℃。
防犯上閉め切って出勤せにゃならんからな。
水槽の生体たちにはファンだけでなんとかしのいでもらわないと。

でもさ。
今夏はさほど暑くないよね?
関東は梅雨明けが遅れたこともあって酷暑を実感するようになってからの期間が短い。
そして……

今朝は寒くて目が覚めた。
タオルケットに包まった。
まぁ扇風機が、ってなんで4時間タイマーにしたのに5時間以上経っても動いてんだよ!

今夏って熱帯夜あった?
これだけ日中は暑くても今夜から明日の明け方にかけては22℃まで下がる予報。
定期的に週間予報をチェックしてたけど「最低気温25℃」予報を1回しか見た記憶がない。

全然寝苦しい夜がないんだよね。
結局今年もエアコン買う気にならず。


さむっ!

基本的には快適な社内の28℃設定。
今日は外気温との差が10℃前後あるためか寒くてしょうがない。
社長がいないのでもう昼でエアコンOFFにしたわ。

スベニは120cm規格へ移籍させたほうがいいのかな?
5842.jpg

ダエモンもそうだけどシクリッドの割には大人しい。
ただそこは腐ってもシクリッド。
どうみても勝ち目の無いオセレイトに対し挑発する。アタックする。

スベニも同様。
5839.jpg
5840.jpg

前回ネタにした直後、アタックが突っつくレベルではなく突き上げる?にレベルアップ。
下からガンガン行ってるわ。

オセレイト4号にはストレスかなぁ?

ん?

4号が壁面に沿って1周。
最後の直線で加速し

ドーン!

スベニを体当たりですっ飛ばす。

オセレイト同士みたいに噛み付きあったりはしないから微笑ましいけど。
5841.jpg

ときどきオセレイト4号に追いかけられてるけどそれ以上に威嚇しまくるようになったスベニ。
5837.jpg
後ろ向いてると突っつきに行く。

警戒色?&角度でとてもキレイな青に。
5838.jpg

あー、食べちゃったか……

最後まで残していた10cmを超え&むっちりとした立派なマドジョウ。
大きめの別下を食べないなどサイズで難儀しそうな個体は食べないんじゃないか?
という推測のもと、60cmワイドに試しに放り込んでみたんだよね。

消灯まではスベニ導入時と似たような感じ。
定期的に追尾→ドジョウ激しく逃げる、で生き延びてた。

が、翌朝オセレイト4号のお腹が膨れていた。

食べられるのね。
まぁ、立派なサイズとはいえ1匹のためにキープ環境整えておくのも大変。
これでドジョウも立派な餌になると分かった。

鮮魚センターで食用ドジョウが手に入ればコスパいいんだけどなぁ。

しっかり栄養とれただろうからしばらく冷凍飼料餌付け実験かな?
でもまたなんか近寄ると奥へ引っ込むんだよなぁ。
5835.jpg

生餌を与えるスタイル、網と桶を持った時だけ寄ってくるんだが……
5834.jpg
5836.jpg

特に珍しくもないタテハチョウの仲間。
5830.jpg

でも♀のこの毒々しい色合いが好き。
5832.jpg
って翅を広げてる写真が全然撮れてない&この写真も青味が再現できてない。

ペアか?
5831.jpg
5833.jpg

邪魔してしまったようで、♂は飛び去ってしまった。

CX3

WHAT'S NEW?