Photo Gallery

○11:43
掛川駅
5337.jpg

○12:00
とりあえず昼食。

桜えびのかき揚げ丼
5338.jpg

すげー豪快。
5339.jpg
うまい!

食べ過ぎ……

○14:00

新幹線待ちの30分で1杯。
5340.jpg

あ、仕事です出張です。
このまま直帰していいって。

現地に飲食時間含めて3時間も滞在してない……

スポンサーサイト
うっわ~
5331.jpg

うっじゃ~
5332.jpg
5333.jpg

小魚もいる。
5334.jpg
5335.jpg
まぁ、どーせカダヤシだろ?

なん…だと?

メダカじゃん!
5336.jpg
野生のクロメダカ。
まだいるのか。ちょっとビックリ。

ところでアマガエルのおたまじゃくしもいたのだが、こんな時季にいるっけ?
基本的に6~7月くらいのはずなんだが……

なんか今年は残暑なかった?
例年まだファンを使う可能性があるから出しっぱなしなんだけど8月後半からまったく使って無い。
そして使わぬまま、早くも全水槽にヒーター設置。
まぁ、まだ水温25℃を下回るようなことはないけど、育成中のヤツらは活性化させないとならんので。

新水槽は安全策をとって320Wと200Wの2本体制に。
5322.jpg
ネイチャー水槽だと目立つであろうメタルヒーター。
人工的水景だと逆にカッコイイ?

ジェックス製品はあまりいい噂聞かないけど最近のはどうなんだね?
ホントはニッソーの買おうと思ってたのだがcharmでセール価格だったんで。



うーん、糞がなぁ。
5323.jpg

まぁ、対抗策は一応あるんだけどさ。
カバーを外して吸水口にストレーナー挿せばガンガン吸い込んでくれる。
でもそれだと人工飼料も同様に吸い込んでしまう。
細目でも張り付いてしまい、ポンプの形状からかカラプロも無視。
でかいプレコタブがベッタリと貼りついて1/3くらい覆っていたのは参った。
フィッシュレットにしても人工飼料の問題はついて回るしなぁ。
まぁ、最終的にはカラプロがなんとかしてくれるんだけど。



新たな人工飼料を手に入れた!
5324.jpg

ポリプテルスの餌、キャットの代替としてよく聞くのはおとひめ。
でもおとひめは水が異常に汚れるので使うのを止めた。
小赤や冷凍飼料を使ってる時点で餌代をケチるつもりは毛頭ないのだが、キャットより更に水を汚さないという噂だったので試してみることに。

咲ひかり 増体用

大型魚向けに定評あり?
デルヘッジら用にM粒、ラプエン用にL粒。
本来、養殖鯉用の餌。更に業務用なので1袋20kgとか……

でもこれを量り売りしてくれるお店を見つけた。
人工飼料の消費期限の重要さを思い知ったばかり。
市販のキャットらだって徳用サイズは危険?
でもここの量り売りは100g単価で好きなだけ売ってくれるので自分の使い方に合わせて注文できるのはデカイ。
送料もリスク負うならメール便も可能(500gまで)で、ゆうちょBK使えば手数料も無料になる。
今回、M粒・L粒合計400g:コミコミ約¥800!

早速ポリプらに与えてみる。
まずはデルヘッジら。
5325.jpg
5326.jpg

ふむ、キャットに比べると臭いがしないから?
反応が鈍いけど見つけたらキャットと遜色ない食いつきだな。
キャットより崩れにくいらしくちょっと噛み砕くのに手こずってる感はあるかも。

お次はラプエン。
おっ、食べた。
通常キャットより大きいから食べやすいみたい。

これは使える!
まぁ、気づかないでいるとカラプロが食べちゃうんだけど。



エンドリはちょっと大きくなったかな。
5327.jpg
5328.jpg
でももう1ヶ月だからなぁ。
このペースでいいのか?

ビキールは確実にデカくなっとる。
5329.jpg
まだ2週間だというのに。

長くというか太くなってる?
5330.jpg

エンドリ側は小赤残り4匹。
ビキール側は小赤残り5匹。
明日小赤が届く。
charmさんよ。だから週末直前になると小赤欠品になるのなんとかしてくれ。
ふぅ、1週間100匹か……

あれ?エンドリ側の小赤が3匹になってるんだが。
あれだけ照明点灯時に動かないエンドリが風呂入ってる間に捕食しただと?

ビキールに対して一方的に攻撃を加えたエンドリ。
その後、流木の陰に隠れたのだがこのまま収まるか不安。

悩んだ末……

120cm規格をまたセパレーターで分けた。
5315.jpg
エンドリ単独なのに45~50cmを与える。ヒネられてもこまるので。
ビキールのほうが大事なので60cmワイド単独。

セパレーターは高さが若干足らないので網の下をちょっと空け上を高くした。
ところがエンドリが支柱との隙間からぬるぬると隣に移動。
しれっとデルヘッジらと混じってのほほんと。

ということは特別攻撃的というわけではなさそうだな。
原因はタイマンor縄張り主張?

移籍初日こそ積極的に泳ぐ姿を確認できたが、翌日にはもうこれ。
5317.jpg
照明点灯から消灯まで微動だにしないことも多々。
あとエンドリって砂に潜る習性ってあるの?
時々完全に逆立ち状態になってグリグリしてるんだけど。

砂にまみれてること多々。
5316.jpg
しかしこうみるとかなり平べったい。

下顎系は基本的に夜行性らしいが、切替スイッチの入り方が異常?
ここまで動かないエンドリが照明落ちた途端、水面に空気を吸いに出て泳いだりそのままサーキュレーターの上に乗ったり。
そして、AM7:00までの約6時間の間に小赤を3~7匹捕食。
ちなみに帰宅するまでに0~2匹しか変動しない。



ビキールはホントよく泳ぐな。
5318.jpg
背びれも基本的にピンとしていてかつ長いのでカッコイイ。
チビドラゴン。
鰭裂けはほぼ修復された。

ブリード(ワイルドF1)だけど結構いい顔つきしてると思うのだが。
5319.jpg
成長するとやはり丸くなっていくのだろうか?

ポリプはそんなに人に馴れるものでもないらしいが。
5321.jpg
指にちょっと反応する。

水槽を大きくできるようになったらワイルドも飼ってみたいな。
トゥルカナ湖産は幻になってしまったらしく流通したとしても軽く諭吉二桁だろうな。
フィトリー湖産もサイズ・発色具合によっちゃ今や二桁なのか。
トゥルカナ湖産は背ビレ条数が多いのが特徴らしいけど、フィトリー湖産のSHを彷彿とさせるような捕食をする姿も魅力的だなぁ。


ビキールとエンドリはほぼ同サイズ。
2匹を競わせて大きくさせるのが目的だったのだが早くも頓挫。
どうすっかな……



反対側の小赤食べたくてしょうがないオセレイト2号。
5320.jpg
セパレーター間近までくる小赤をにアタック。
その後ろからオセ2号を威嚇するダエモン。
そして気づかれると追いかけられるのであった。

それにしても……

オセレイト2号の育成にかなりストレスを感じるようになってしまった。
信念を曲げてショップに引き取ってもらうかホンキで悩む。
ちょっとびっくりしたとかで貴重な小赤を数分後に吐き出したりするからイラつく。

その吐き出して水面に浮いている小赤をデルヘッジが食べに来るのにびっくり……
サンマーマンさんがデジタル一眼を購入したようなので?
古いデジカメを引っ張り出した。

パナソニック:DMC-FZ18(右側)
5304.jpg

レンズ交換式ではなく一体型のいわゆるネオ一眼と呼ばれる?呼ばれた?カメラ。
もう6~7年前の機種。
それでも光学×18、デジタル併用すると×100までいける。
まぁ、100倍は実用的じゃないけど40倍くらいなら十分鑑賞に耐え得る。

ここ数年使ってなかったのは電池が劣化しちゃってほとんど充電できなくなってしまったから。
試しに充電。日付など設定してメモカをフォーマットしようとしたら電池切れ……

これ純正の交換電池は実に¥5,000を超える。
それならカメラ新品買うわ。

ってことで、激安な互換電池を¥880で購入。
【ロワジャパン社名明記のPSEマーク付】Panasonic パナソニック対応 Lumix DMC-FZ8 FZ7 FZ50 FZ30 の DMW-BMA7 CGR-S006GK CGR-S006E/1B CGR-S006A/1B CGA-S006E/1B CGA-S006A 互換バッテリー【ロワジャパン社名明記のPSEマーク付】Panasonic パナソニック対応 Lumix DMC-FZ8 FZ7 FZ50 FZ30 の DMW-BMA7 CGR-S006GK CGR-S006E/1B CGR-S006A/1B CGA-S006E/1B CGA-S006A 互換バッテリー

ロワジャパン
売り上げランキング : 14112

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
これどれだけ保つんだろな。
とりあえず1週間保たずに完全放電しちゃうけど。

こんな高倍率カメラで何を撮るのかって?

普通は遠くの被写体を撮るんだろうね。
運動会でお子さんの写真とか……

5305.jpg
しかし私はクローズアップレンズ(Kenko ACクローズアップレンズNo.3)と合わせてこういう写真を撮ります。

5306.jpg
5307.jpg
5308.jpg
5310.jpg
5311.jpg
5312.jpg
5313.jpg
5314.jpg

魚の写真は暗いしアクリル・ガラス面の関係でフラッシュも焚けず、ISOを上げざるを得ないのでザラついちゃうけど。
比較的安価でマクロ撮影を楽しめる組み合わせ?
まぁ、デジイチ+高価なマクロレンズ使えばもっとキレイに撮れるんだろうけどね……
もうどーにでもなーぁれ

5299.jpg

今年は行かないつもりだったのだが……
5274.jpg

結局例年どおり東京ゲームショウへ。
5275.jpg

近年稀に見るつまらなさ?

蛾の一種。
5270.jpg

なんてことない写真に見えるかもしれませんが、これ花に止まってるわけじゃないので。
5271.jpg

コイツらは基本的にホバリングしながらの吸蜜&素早く対象を変更するから撮影難度が高い。
望遠ズームだとフレームにおさめるだけでキツイ。

通行人の視線に耐えつつ粘り、今回はそこそこの写真が撮れたかな?
5272.jpg

うーん、もうちょいピントが合ってれば!
5273.jpg

一緒にホウジャクもいたけど更に難易度が高く1枚も撮れなかった……

いきなり親父の名前で弾かれやがった

「入力禁止文字を入力しないでください」

確かに常用外だけどよ
なんなんだよこのシステム……

今日はあまり天気が良くない、という予報だったので昨日のうちに布団干してその間に散歩へ。

いつもの河原へ。
5261.jpg

茨城、栃木あたりは洪水で大変なことになっていたが、こっちもそれなりに増水したんだな。
まぁ、特別警報まではいかなかったけど警報は発令されてたからな。
5262.jpg

え?それなりレベルじゃない?
5263.jpg
ここまでかよ。
外側の土手なんだけどあと数m?

今回の一番の目的は……
5264.jpg
狙いは間違って無かったけど1日足りなかったか。
ここは本流のそば。増水するとちょいちょい水が溜まっているので魚が取り残されてるんじゃないか?と睨んでいたんだよね。

土手寄りにはまったくとりのこされてなかったわ。
5265.jpg

気になっていた絶滅危惧種(県内は準)のセグロイナゴ生息地。
5266.jpg
さっきの水位からするとここ完全に水没したな。
跡地で1匹黒っぽいバッタ類がいたけどどうだろう?

普通のイナゴとショウリョウバッタは結構いたけど。
5267.jpg
ちゃんと戻ってくるのか?もうちょっと経ってから様子を見に来るか。

6~7cmのドジョウがちらほら。
5268.jpg
悪くないサイズ。特に餌として……
悩んだけど捕獲せず。
トリートメントが面倒だしもうこれ以上重量増やしたくない。

自宅から近い用水路に毛が生えた程度の川。鯉鮒が大量に生息してる。
5269.jpg
これ一部溢れたのか。
ここが溢れたのって30年くらい前までさかのぼるような?

え?日曜晴れるの?夕方に一時雨?
なんだ焦る必要なかったか。

……

~今日~

おい、曇天じゃねーかよ。
午前中から雨降ってんじゃねーかよ。
夕方が一番晴れたじゃねーかよ。
翌日の天気くらい当てろよ……

ちょっと趣向を変えて?
うちの子たちのマクロ写真集
※注:写真大量につき注意

このヤロー……

ちょっとは遠慮しろよ!

○オセレイト1、3号:冷凍川エビ各1尾モグモグ
 ↓
○ラプエン目掛けて冷凍川エビ10尾ほど投入
 ↓
○オセレイト3号:水底にたどり着くまでにすべて頬張る
 ↓
○今のうち!ラプエン目掛けて冷凍川エビ5尾追加投入
 ↓
○オセレイト3号:水底にたどり着くまでにすべて頬張る


オセレイト1号は2~3尾くらいまでならまとめて食べようとすることもあるけど3号は気づいたものすべて口にキープし漏れがなくなったことを確認してからゆっくりと、そして吐きそうになりながら?咀嚼するから性質が悪い。
無理してるからかたまに咀嚼中の口から川エビが飛び出す……

手入れると噛み付かれるからなぁ。

仕方ない。
プロホースの管でも使って水底まで送り込むか。

……

透明な管だと餌が見えちゃうからガンガンきちゃうな。
まぁ、管入れただけで飛び掛ってくるけど。

やっぱ追い払いながら手やりが一番?
5232.jpg



オセレイト2号は何で判断しているのか?

小赤を与えるときは網で掬って蓋の隙間から落とす。
死んだ個体ははっきり確認しちゃう(浮いていたり動かなかったり)と食べないことがあるので網の反対側から尾鰭を掴んでプラプラさせると飛びついてくる。

同じように冷凍フナで網越しに尾鰭を掴んでプラプラ。

プイッ

なんで?
噛み付いて吐き出すのはわかるが。

色、でないのは確か。
何故なら小赤にはフナカラーが混じってたりするのだが、このフナカラーは死んでしまっていても上記要領で問題なく食べるんだよね。

臭い?
水上の臭いまでわかるのかなぁ?
5231.jpg



約1ヶ月前にHPに掲載されたものの、食指の動かなかったまかっちんさんのワイルドオセレイト。
1匹も売れてない。
うちの3号の個体群なんて初日に2匹、残りの1匹も4日後とあっという間に売り切れちゃったというのに。
これこのままセールかなんかの対象になりそうだな。
そしてこれが捌けないと次の入荷はないんだろうな。

まぁ、オセレイト2号もしくはポリプの育成が終るまでは水槽が空かないからしばらくは入荷なくていいのかもしれないけど。

ラプエンかわいいな。
5226.jpg

あまり遊泳しない。
youtubeなどで動画を見てるとエンドリなんかは比較的身軽な泳ぎを見せる。
うちの子は時折重そうに水面に出る。
泳ぐというかじたばたというか。
で空気を吸った後は基本的に自由落下。
ほとんど身体や鰭を動かざずそのまま身を任せる感じ。

で、ときどきオセレイトが上から圧し掛かられて水底まで運ばれたりする。

うーむ、下顎系増やしたくなるな。
ラプラだったら選び放題なんだけどなかなかコリバが見つからない。

え?エンドリが泳がない。餌食いイマイチ?

こうなったらビキール・ビキール(トゥルカナ産カミハタブリード)入れるしかないだろby弟

うーむむむむ……



スチュワートSHの穴あき病。
ボディのほうは黒っぽくなっていて言われないとまず気づかない。
逆に頭のほうは真っ白く穴が空いてるように見えるので目立つ。
5227.jpg
まぁ、充血してたり壊死したような傷口じゃないので痛々しさはあまりないけど。

そして元気。
座椅子からちょっとでも動くとすっと水面に浮き上がり餌くれダンス。
他水槽に向かってもガラス面に沿って追ってくる。

もう成魚だから餌は2~3日に1回でもいいくらいなんだろうけど。
無理だ。この顔を無視できない。
5228.jpg
うーん、お掃除係り必要かなぁ?

あれ?
頭も黒くなってきた?
5229.jpg
塞がってきてる?



デルヘッジらに目が行きがちだがひそかなお気に入り。

一番最初に購入したポリプ:パルマス・ポーリー。
5230.jpg
ワイルド表記だったけど産地不明。
あの頃は産地がどうのとか知らんかったからな。

深い緑。特に胸鰭の色がお気に入り。
遊泳性が高いけどデルヘッジらのように派手な突進が少なめなのが安心。

なんじゃこりゃあああぁぁぁ!

靴下がびっしょり。

いやああああぁぁぁぁ!

自室水槽スペースが浸水。
5224.jpg
これだから水中ポンプは……

まぁ、一般的には水中ポンプと上部フィルターケースをホースで直で繋いでホースバンドかなんかでしっかり止めておくだろうから、こんなことになることは無いんだろうけど。

ショップオリジナルの上部フィルター。
水中ポンプ用、掃除等前提に簡単に取り外せる接続キットを付けてくれていた。
ただ、ロックが掛かるわけではなく簡単に取り外せるということは衝撃によっちゃ外れるわけで。
オセレイトがたまにホースに身体を思いっきりぶつけるんだよね。

これまで何回か外れていたがレイシーのケースと違ってポンプ室の上まで蓋がありコード逃がす穴もない。
ホースが暴れ放水してもただ落水するだけなので大きな問題はなかった。

大きな問題に発展しない要因の一つが夏仕様の網蓋だったということを失念していた。

今は涼しくなってしまったので塩ビの蓋に取り替えて密閉している。
そして奥側は下からの衝撃で吹っ飛ぶのをロックするために上部フィルターのした数cm潜りこむサイズにカットしている。
落水の一部が蓋の上面を流れて水槽前面に到達、リブから約1.5cmの縁を乗り越えて……

溢れた。

左側は水流ポンプのコードを逃がすため1cmくらい開けてあり、そこから1部は水槽内に戻ってくれたようだが全てを吸収はできなかったようだ。
久々に気温が上がったから右側も少し隙間を開けておけばこんなことにはならなかったろうに。

とりあえず接続部分をビニールテープでがっちり固定。
5225.jpg
利便性がなくなったけど。
これなら直で繋いでホースバンドのほうが?

下がった水位は2cm前後なので溢れた水は15㍑程度?
この程度で済んだのは不幸中の幸い?

またカーペット敷きなので大半を吸収。
下階に水漏れ等は発生してない。

ただ、これカーペット下の床板大丈夫かな?
カーペットめくれないし。
また水槽一番下に敷いてあるコンパネは業務用フロアマットで防いでいるけどカーペットの吸水力でコンパネの前面下までちょっと到達してるっぽい。

そして水槽直のコンパネ。
水槽とコンパネのちょっとした隙間に水が入り込んでいる。
こういうのって乾燥するのかな?
板の端をに圧力かけると水が染み出してくる。


一点、参考になったのが「飼育水がかなり濁っていた」ということ。

上の写真はもうポンプを動かしてから2時間以上経ってるのでこれでも少し改善している。

最長でも半日。
その程度で目に見えて濁っているなんてことは当水槽では大量の苔をカラプロがもふった時、他水槽ではこれまでなかった。
それだけコイツらは水を汚すということ。

そしてフィルターが思った以上に優秀だということ?
普段は1週間で換水しなくてもいいのかも?というくらいの透明度。

だから噛むな!っちゅーの
5218.jpg

オセレイトの喧嘩はだいぶ落ち着いた。
やっぱり1号が腹へってイラついてたのかな?
5219.jpg
ようやく2匹揃って激しく餌を強請るように。

む?
ラプエンも餌やりを感知するようになった?
5220.jpg
オセに餌やりしてたらラプエンが前面&真下にやってくる。
円を描くように活発にぐるぐる。

冷凍フナを4匹ほど掴んで水槽に手を突っ込むと

ガブッ!

オセ3号に噛みつかれ手を緩めた隙に2匹奪い去りやがった。
ラプエンはなんとか2匹とのちに3号が見失って底にたどり着いた1匹を確保。
しかたない、あとは人工飼料で……

なんでそうなった?
5221.jpg
カラプロが落としたか。



エンドリがほとんど動かないんだが。
流木動かして隙間に挟まったまま。
5222.jpg

小赤漬けにしてはいるけどオセレイト2号用も兼ねていて毎日減ってるからエンドリがどれくらい食べてるかよくわからん。
糞はときおり確認できてるけど結構小赤がお掃除しちゃってるから実際どのくらいかわからんし。
お腹がぽっこりしてるトコも見たことないしなぁ。

流木取っ払ったとしても今度はポンプの隙間に挟まるだけ。
5223.jpg
なんか飼っててつまらないぞ。
デルヘッジらと一緒にして人工・冷凍飼料食わせたほうが大きくなったりして。

WHAT'S NEW?