Photo Gallery

うーん、今回の別下はイマイチだな。
死着こそなかったものの全体的に活きが悪く数匹フラフラして弱ってる。
また、いつも餌抜きして送ってくれるはずなのに糞などで水がかなり濁っていた。
和の美さんで過去、一度だけ別下購入したことあったけどそのときはうまくキープできずにかなり落としてしまった。
こちらの受入体制に問題あったと思ってたんだが意外と良いのは小赤だけだったりするのか?

もう一刻を争うので温度合わせなどなどせず一時的に全て塩水へドボン。
5063.jpg
まぁ、この時季だからだけど。
この発砲スチロール箱結構な水量が入る。
5064.jpg
50㍑くらいまでいけるけど実はその分、薄くて耐久性に難ありそうなので少なめに。

3匹余計に入れてくれていたけど3匹はかなりフラフラだったので直ぐに3号のお腹に。
って、1号に少しは譲ってやれよ。

試しに2号のいる120cmワイドに1匹入れたら即食いついた。
よしよし、と思って2匹目を入れたら噛み付いたものの逃げられその後は後を追うそぶりを見せるも興味を無くす?

別下は数時間塩水に漬けてから一部を120cmワイドへ。
さすが塩水パワー?
大半はかなり持ち直した。
一晩経って落ちたの2匹→1,3号のお腹に。

2号は積極的ではないものの少しは捕食してる様子。

じーっ
5065.jpg

スポンサーサイト
こんなのが話題になってるなんて知らなかった。
同僚が「ようやく買えたのでお裾分け」といただいた。

お嬢様聖水
5062.jpg
女神が目覚める、お嬢様聖水

女性向けに開発された商品らいしいが購入者の大半は40~50代のおっさんらしい。

でもそれって成分的に必要で買ってるの?
下品なネタとして買ってるんじゃなくて?
商品名といい色といい……

ネットで画像検索すると変態紳士なネタ画像がゴロゴロと。

販売会社側はまったく意図してなかったって言ってるみたいだけどさ。
犯罪で言えば仮に故意じゃなかったとしても重過失くらいなレベルだと思うんだが。

……

まぁ、色といい味といいオロナミンCだな。

うわっ、なんだ?
5059.jpg

オセレイトはしゃくれてるわけだが。
白点だかで身体を擦っていたとき口先を抉ってしまったらしい。
餌を食べてないからかまったく修復せず。
これが2日前掲載した画像を拡大したもの。
5060.jpg

悪化してる?
更に抉った?
口腐れ病ではなさそうだが……

ただ、行動を観察すると身体を擦りつける行動は見られなくなった。
また全体的に鰭を畳み気味?かと思いきや急発進、猛スピードで泳いで定位置に戻る、という行動も見られなくなり本来の?ゆったりホバリングする姿。

これ一見悪化してるように見えるけど逆に修復が始まってきたが故っぽいな。

あと身体から粘液だしてる。
サーキュレーターやエアカーテンの微細な泡が身体にまとわりつくため粘液が可視化されたり。



一時期激しい戦いをしていたオセレイト1号&3号だが今は落ち着いてる。
両者とも裂けた尾鰭が回復してきている。
並んでくねくね。
5058.jpg

でも前回UPした給餌動画より餌取り争いは激化してるかも。
前は3号に気圧されていた1号だが、最近は3号を弾き飛ばすことも。

あと蓋してないとヤバイ。
蓋をズラして隙間から落とすのだがちょっとでも遅れると落とす前に飛び掛ってくる。
そして蓋がバアアアァァァン!
大したダメージはないのだろうけど場合によっちゃ傷ついちゃうからなぁ。
あとそのわずかな隙間から水すっ飛ばしてくるんだよね。
眼鏡に水滴とか……



スチュワートも似たようなもん。
隣に座るとこっちをじっと見て、水槽横に置いてある餌袋を持つと視線を落とし、餌をかざすと
5057.jpg

餌ロックオン。
さっさと消費したいので沈下性飼料グロウをメインに与えているのだが沈んでいく飼料は見失ってしまう。
なので視認したのを確認してから落としたいのだがちょっと遅れると飛び掛ってくる。
水位を減らして高さ20cm以上あるけど。



ポリプたちにはおとひめがなくなったのでまたキャットをメインに与えている。
やっぱ食いつきぜんぜん違うなぁ。
5061.jpg
あと水があまり汚れない気がするんだが。
1週間経つとかなり水の透明度が落ちる。
ろ過がキツイのかな?と思ってたのだがおとひめのせいだったりするのか?

また、バルブの突然死だが急激な成長スピードに問題あった?
異常とも言える成長スピードだったのだが狭い水槽から広い水槽に移したことが要因だと思ってた。
おとひめが原因とか有りうるのかな?
あれは養殖用の短期間に大きくするのが目的な餌だからなぁ。

減ってる!


小赤9匹を投入したオセレイト2号のいる新水槽。
昨日、仕事から帰ったら

9匹→3匹→夕食後2匹

になっていた。
メダカのときのようにいたずらに殺した残骸などはナシ。
そしてさっき帰ってきて確認したら残数ゼロ、って1匹は死んでサーキュレーターに吸い込まれてたわ。

当面の危機は脱したか。
5056.jpg
幸か不幸かはわからんけど……

あと、未だにちょっと身体を擦ってるのは気になるが。
人間みたいに治りかけ時に痒くなるみたいなもん?

でもこれで週末に調達するブツを再検討しなくてはならんな。
とりあえず食べられたら食べられたでしょうがない苔取り隊サイアミーズフライングフォックス投入案はナシだな。
スチュワート水槽にいるカラプロは虎の子の1体なんで超過保護。安定してる水槽&オセレイト1号の脅威の無い水槽にしか入れたくない。
どのみち複数必要になるので2匹発注。
カラプロのショート個体ってなに?貴重なの?

そして問題の餌。
冷凍飼料への餌付けにはまだ体力的に厳しいのでまた生餌か。
もうストックできる環境じゃなくなってしまったので漬け?
そうなると少なくとも信頼のおけるショップで調達したい。

charmの小赤価格は平常の価格?に戻りつつあるが、御用達の和の美さんはぜんぜん戻らない。
ちょっと気になるのが、高騰してるのは小赤であって餌金全体ではない、ということ。
2月まで調達してたときの小赤100匹の価格と、現在の50匹の価格がほぼ同価と倍になっているのだが、なんと一回り大きい別下50匹より高額という逆転現象が起こってしまってる。
別下はおそらく価格据え置き。
ただ……

小赤:奈良県大和郡山産
別下:愛知県弥富産


と産地が違う。
また、ちょっと前まで高騰してたcharmも大和郡山産表記。
郡山では不作などのトラブルで供給が落ちてたりでもしたのかね?

ってことで別下50匹発注。
うーん、さすがに全部放り込むのは心配なので半分塩水でキープするか?

うーん、どっちに行こうか?いつものトコか?

迷った末に久々にちょっと離れた大型HCに。
あれ?熱帯魚の売り場ちょっと縮小した?
前はもっと広かったような?
まぁ、ワイルドのブラックアロワナとかアジアアロワナとか扱ってるから他のHCとは一線を画してるけど。
でもやっぱり購入を悩むような個体はいないか。

さ、目当てのモノを……

なんで調整中なんだよっ!

オセレイト2号のために小赤を調達にきたんだけど、まさかの調整中。
しかたなく逆方向のいつものHCへ。
時間を無駄にしたわ。

とは言っても前回とは別の隣接するHC小赤。
前回@¥48→5匹¥198×2。
今回4周年10匹¥400。

ってだから浮かべてる間に弱るなっちゅうーの!
5053.jpg
しかも一番栄養ありそうな一回り大きい個体。
しかたなく3号のお腹に。

……

食わない。
こっち見てくねくねしなくていいから食え。
5054.jpg

うーん、小赤はなんでダメなんだ?
メダカサイズでリハビリが必要なのか?

うーん。うーーーん。

メダカは費用対効果が低いんだよな。
それならアカヒレかなぁ?

小赤サイズを食わないならサイアミーズフライングフォックスも合わせて調達するか?
カラプロ×2でも調達しようかと思ってたんだが。



サーキュレーターで水流を作ってるんだが、その対角線の右手前にゴミが溜まってしまう。
また、リオプラス1700は思った以上に水を回してくれるんだが、ゴミ系がイマイチ吸い込まれてくれないんだよね。
フツーに小さなゴミがポンプ付近を漂ってたりする。

フィッシュレットはあまり使いたくないんだがそうもいってられない?
それともニューフラワーDXでも使う?

今はとりあえず水作エイトS。
5055.jpg
クリアブルーが涼しげ。

ちなみに水作エイトSが3個もある。
そして交換ろ材が(見つから)なくて使用済みマットの端っこ使ってたけど、整理してたらお買い得3個パックが2セットも見つかった……

オセレイト2号がだいぶ動くようになったので、120cmワイドに戻してみた。
今度はしっかり水質チェック。
亜硝酸、硝酸塩ともにほぼ検出されず。
ただ、酸性にかなり偏っていたが……

最初は端っこでウロウロ。
鰭も閉じ気味だったが……

徐々に活発に。
5051.jpg

3匹一緒のときは水槽に近づくと逃げたもんだが、単独にするとなぜか愛想がいい。

近寄ってきてくねくね。
まぁ、冷凍飼料落としても食べないけどね。

見た目はボロボロだなぁ。
5050.jpg
白点病だかの病自体からは回復してるようだが、そのとき擦りまくったんだかで体表はガサガサ。
普通ならこんなのあっという間に治るんだが自慢の治癒力も餌を食わんことにはどうにもならんね。
ヒーター入れて水温高めにしておこう。

バシャッ

パイロットメダカが6匹いるのだが……

あー、いたずらに殺したか?
頭だけが無くなったメダカが水底に。

む?健在なのは4匹?
1匹は食べたのか?

さっき帰ってきてチェックしたらすべていなくなっていた。
1匹はいたずらに殺しただけみたいだが。
ちょっと希望が見えてきた?
週末、ちょっと小赤を調達してくるか?

って苔どうしよう……

超久々に栄養を摂取した様子。
まぁ、メダカ4匹程度じゃ小赤1匹分あるかないかの栄養だろうが。
それでも糞を確認。

でもなんかまた調子がおかしい?
全体的に鰭を畳んで浮いてる→猛スピードで泳ぐ→定位置に戻る
を繰り返してる。
ん?また水底で身体擦った?
水温28℃以上にしてるんだけどなぁ。
5052.jpg
カサカサ感はなくなったけど。


ちなみに規格のほうの1号&3号はとりあえず落ち着いた。

やべえよやべえよ……


オセレイト2号がいなくなった弊害?

大きな問題の無かったオセレイト1号と3号の間にバトル勃発!
5047.jpg

2匹とも毒々しい?体色になって威嚇しまくり。
5048.jpg
2号のように噛み付いてはないようなので多少の鰭裂け程度のダメージでおさまってはいるみたいだが結構激しい。
5049.jpg
弱っちいくせに喧嘩売ってた2号だがそっちのほうがかわいいもんだったな。

比較的混泳向き、といっても同種のタイマンはやっぱりアウトなのか。
2号の今後が期待できないので、次の個体を探したいところだが……

最近、オセレイトの入荷がぜんぜん無いんだよなぁ。
幼魚は見かけるけど。
いきつけのまっかちんも1月に購入してから半年で1匹の入荷があっただけ。

その現在隔離中の2号だが、動きが活発になってきた。
でも回復力が無いからか(おそらく)白点で身体を擦ったときにできた傷が修復されてないみたい。
うーん、どうしたものか。
病気自体が改善したかわからんので120cm規格には戻しづらい。
1、3号の緩衝材にしたいけど。
こまめに水質チェックしながらまた新水槽?

ちなみに新水槽はメダカをパイロットとして投入中。
苔がかなり目立つので苔取り隊を導入したいのだが。
将来性を考えるとカラプロなんだけどまだろ過が出来上がりきってないので導入時にトラブル起きそうだなぁ。
最終的に食べられてしまってもしょうがない、という前提でサイアミーズフライングフォックス?

やっちまった……


パイロット第2弾。

パイロットオセレイト。
5045.jpg

1、3号に先駆けて2号を移籍。
コイツが平気なら……

正直、そういう理由も無くは無いが、一番の理由はラストチャンス。
2号にパイロット用の小赤を食べさせるため。
って移籍時点で3匹しか残ってなかったけど。

……

ぜんぜん食わない。
ずっと同居してやがる。

これ以上の延命措置は無いのだが。
どうすりゃいいの?

ここで想定外だったのが私の体調不良。
思った以上に酷い体調だったので飼育魚たちの世話どころか観察すらできなかった。
ずっとベッドの上。
1、3号の給餌も放棄。
2匹がこっちを見てひたすらくねくね。スマンな。

時折、新水槽から激しい音が聞こえていた。
今度こそ食べたかと思いきや、ぜんぜん減ってないみたいで小赤の姿が。
一度だけはっきりと2号が底で身体を擦る姿を確認してはいた。
白点?まさかな……

ようやく動く気になった金曜。
水中ポンプの位置がズレている。
オセ2号が体当たりして動かしたってことか。

2号が全鰭畳んで浮いている。
5046.jpg
そのまさか?
どうも白点っぽい。

このとき、2/3の小赤が死んでしまっていたがどれをみても白点の症状は見られない。

もうヒーターに頼らなくても28℃以上が当たり前の高水温。
立ち上げ中とはいえ大半の水を他水槽から持ってきたし、小赤数匹+オセレイト1匹と余裕ありまくりの環境で白点?

……

慣れってこわい。
感覚で判断できると驕っていた。
試験紙を引っ張り出してチェックしてみると……

亜硝酸、硝酸塩ともにMAXとはいかないまでも危険域を示していた。

急いで大半を換水。

小赤が菌を持ち込んだわけではなさそうなので、水質悪化からくる白点もしくはエロモナス。
これらは常駐菌、適正値にさえ戻せばいいので水槽全体の薬浴はせず換水で様子見。

オセ2号を更に隔離。
塩水とGFGの併用。

ただ、HC小赤は環境が苛酷だったことも原因で死んだのかもしれんが見た目病気を疑わせるような点はなかった。
オセ2号はそれだけ体力が低下していたってことか?2ヶ月以上何も食べてないしな。
小赤が尽きる前に食べさせてやろう、良かれと思ってやったことが裏目ったか。

うーん、これまでのSHの治療は強力な生命力&治癒力頼みだった。
2号を治せるのか?

まぁ、隔離&生餌すら食わない時点で詰んでるんだがな……

ダイソーで見つけたCD/DVDケース。
幅27cm×奥行18cm×高さ約13cmと幅は短いけどそんなピッタリなケースなんてあるわけない&クリアがよかったけど妥協。
5040.jpg

迂闊だった。
内寸ばかり気にしていてフランジ?の存在を忘れていた。
そのままじゃ入らない。
縁は強度を高める加工をしてあるが無理矢理ひしゃげて押し込む。
底に穴を空けて排水スピードを調整。
5043.jpg

ドライボールを1段敷いて設置。
5041.jpg
片方に寄せて空いたスペースに残りのドライボールを突っ込む。

ケース内はサブストの在庫があまりなかったので効率悪いけどメックで嵩上げ。
そして残りは牡蠣殻で埋める。
5044.jpg

スイッチオン!

うむ、そこそこのスピードで排水されてるな。
で溢れる水の大半はドライボール側からなのでロスも最小限?
5042s.jpg

ただ、大きそうに見えて3㍑くらいしか入らない。
このサイズの水槽に3㍑程度のウェットってどれくらい影響するんだろうか?
まぁ、牡蠣殻容れってだけでもやる価値アリ?

ちなみにコレ、出張前のネタ……

①火曜夜:37.4度と微熱、解熱剤服用

②水曜朝:37.4度と変わりなし

③代休消化。保健所にTEL

④経緯、症状から問題なさそうなので一般の病院へ行け

⑤近所のクリニックへ。念のため隔離される

⑥喉の炎症を起因とする風邪?熱が下がらないようならまたきて

⑦夜:39度に急騰。解熱剤服用

⑧木曜朝:37.2度と下がりきらず

⑨代休消化。頭痛が酷いので解熱&鎮痛剤服用

⑩昼:平熱

⑪夜:37.7度

⑫今朝:37.4度

⑬熱、頭痛以外はほぼほぼ解消されたので出勤

⑭まだ37.1度



ここ10年?
インフルエンザ以外の体調不良で欠勤したことはほとんど無い。
昨年、ベル麻痺を煩った直後に1日だけ様子見での欠勤だけのはず。

どんなに高熱でも必ず1日で下がってしまうから休めない?
咳や鼻水だって立派な風邪の症状で現れる症状は人それぞれ。
だけど発熱してないと休めない、という強迫観念が……

今回のようにインフルエンザ以外で熱が下がりきらない、というのが非常に珍しい。
この土日で解熱剤に頼らず下がりきらないようだとちょっとヤバイ?

寒暖差や疲労がたまっただけか?

それとも何かもってきたか?


ネタがあったのに急遽差し替え。

とりあえず寝るわ……

さむっ!

国内は土砂降り&16℃かよ。
くっそぉ、自販機はもうホット売ってねぇ。
私は直射日光対策に薄手のカーディガン持ってったからよかったけど同行者2名は半袖しか持ってなかったんだよね。
無事に帰ってきました。


なんてことだ……


○120cmワイド

出発当日早朝1匹死んでいて(冷凍保存)残5匹だったHC小赤。
出張中1匹死んでいて残4匹だが想定内。

○60cmワイド

前回と同様、コンゴテトラがスチュワートに頭から食いつかれたようでしっぽ部分だけが残っていた。
想定外。

○120cm規格

オレンジフィンバルブが死んでいた。
計測したら22cmくらいまで成長していた。
青天の霹靂。

実質餌を食べてないのは2日間だけ。
こんな短期出張でこんな大きなトラブルが重なるとかイミワカンナイ……

バルブは腐敗が始まっていたので真夜中に全力換水中。
なのでコメント返しはもう少々お待ちを……

今ベトナム現地です。

思ったよりは暑くないですね。
まぁ、朝散歩に出たら10分で帰ってきちゃいましたけど……

飲み過ぎた、食べ過ぎた……


たっか!

いったい何が……



小赤×10匹くらい欲しかったんだ。
charmがまた¥3,980で基本送料無料やってる。高頻度。
そんなんなら¥3,980に戻せよ。
常時にするより偶ににするほうが購買意欲が高まるのかね?

それは置いておいて。
ストック用ポンプでも買ってついでに小赤10匹くらい調達しようかと思いチェックしてみると

・小赤10匹¥500

うーん、いつもこんな少数で買わないからよくわからんがこんなに高いっけ?
いつもの単位でチェック。

・小赤100匹¥1,980

あれ?もう直近でも昨年購入なんであまり記憶にないのだが¥1,380とかじゃなかったっけ?
でいつもの和の美をチェックすると

・小赤100匹¥2,500

たっか!

これ週末の価格で、今日見てみたら¥1,980に下がってはいた。
それでも2月に購入したときは¥1,350。
さらには消費税増税直前の昨年3月までは¥1,050だったんだよ。

この急激な価格上昇はいったいなんなんだ?

ということで?
@¥45、5匹¥198と値段据置で結果的に安価になったホムセン小赤×10匹を購入。

さすがHC小赤。
購入から自宅到着まで30分かかってない。
温度合わせのため水槽に浮かべてる間に1匹ぷかぷか。
オセ3号のお腹に。

・昨夜1匹×(※オセ3号のお腹に)
・今朝2匹×(※冷凍保存)

出張直前、残6匹。
帰国後何匹残ってることやら……

WHAT'S NEW?