Photo Gallery

このまっかちんさんからの取り寄せ個体。
6241.jpg
詳細な採集地を調べたようです。

ボルネオ島南部 中部カリマンタン州 カティンガン ジャランパンゲン河




調べてもなかなか特定できん。
650m×23mという小さな滑走路であるトゥンバン・サンバ空港とやらが中カティンガン郡トゥンバン・サンバ(Tumbang Samba)にあるらしい。
そこをGoogle先生で調べてみると


側の大きな河がそうかね?
ということで?今回の個体はボルネオ、となってるけどカリマンタンって謳ってよいかね?
まぁ、これまで「ボルネオ島産」で売られてた個体がすべて地図でいうとこのラインより上の土地(マレーシア・ブルネイ領)で採取されたとは思えないけど。



うーん、思いっきり「BORNEO」って書いてあるな。
6240.jpg

ボルネオ産がそこそこ流通し始めたあとに「カリマンタン産」って謳って販売してた業者は信用ならんな。

ちなみに地図上左下にジャワ島があるのだが、そこのインドネシア首都ジャカルタ産ワイルド個体がアクアアートリーフさんにストックあり。
まぁ、いたって普通のオセレイト?ずっと売れ残ってるけど。
うーん、「ボルネオ産ほどではありませんが、素晴らしくメタルブルーに輝きます」って商品説明にあるけどホントにボルネオ産って他産地に比べて美しいのかね?
ここもかつて「カリマンタン」で売ってたからなぁ。

スポンサーサイト
もう感覚がぶっ壊れてますかね?
6233.jpg
新たな子をお迎えしてしまいました。

とうとう120cm規格側のコトブキフラットLED1200も点灯しなくなりました。
これ調べているとLED自体は当然のこと基盤、ではなくACアダプターが不安定なことが原因っぽいんですよね。
同じような症状の方を最近多く見かけるようになり、生きているフラットLEDのACアダプターを移植してみたら点灯したと言う報告も。
このACアダプターですが出力が不明なので簡単に挿げ替えるわけにもいかず。計測器でも持ってれば別なのでしょうが。
交換できるようにしていないわ、出力表記しないわ、壊れやすいわ、ってコトブキいいかげんにしろ。
買い替えさせようって魂胆だろ?蛍光管より短期?で本体買い替えが必要とかおかしいわ。
ってことでもうコトブキ製品は買いません。
うっ、でもこのスリムさでこの明るさは上部フィルター使いには最適ではあるんだが……

前回Amazonで購入した安価な怪しい中華製LED照明も取扱いが無く似たような製品もなんか高い。
フラットLED並み?

そこで大型水槽を導入したときに使ってみようと思っていたLED投光器を試してみることに。
とりあえず一番消費電力の小さい10W×2でお試し。


予想以上に明るい。
6231.jpg
またLEDのゆらぎがいい感じ。
ただ、3灯は必要だな。
そして昼光色「すがすがしい爽やかな光」ってことで期待してたんだけど黄色っぽいのが残念。
蛍光灯ライト初期についてくる安っぽい蛍光色に近い。
6000Kってこんなもん?
あー、フラットLEDって10000Kなのか。
もう1灯は青使えば?青色単体って売ってないけどマルチカラーでも追加してみるか?
8000Kくらいあればまた違うんだろうけどなぁ。
そこだけが残念。

かなり小さい。
6232.jpg
単純な明るさなら10Wでもかなりのもの。

ってなんでずっとフラットLED点灯してなかったのに代替品が届いた同日に再点灯してんだよっ!
6234.jpg

さて、と……
6233.jpg

久々の訃報。
スベニが落ちました。
原因は……

怪我のダメージ?

お亡くなりになる2日前の写真。
6229.jpg

ズダボロですね。
オセレイトに追い回された結果。
隅っこに逃げ込んでますが、この状態でも隙あらば挑発にいくんですよね。
6228.jpg

オセレイトは他種に対しては比較的寛容で手出だしさえしなけば積極的に襲わないんですよね。
実際カラプロが攻撃されることはほぼ、というか大型化してからは見たこと無い?
ゲオ系はシクリッド内では比較的温厚ではあるもののそれでも気は強いほうです。
無駄に挑発的な割りに攻撃力は無いのでオセレイトらにとっては痛くも痒くも無い?のですが鬱陶しいですからね。
うちにはスベニとダエモンの2匹のゲオ系がいましたが、スベニのほうが挑発的で定期的にお仕置きされボロボロになってました。
今回もいつものこと、と楽観視してたんですよね……

もともと掃除係りとして勧められただけで特に思い入れのある魚ではない。
今後は水槽もサイズアップ、大型化してもある程度許容できるのでバルブ系に戻そうか?

あー、ゲオ系はカラプロを牽制してくれるってメリットはあるんだよな。
カラプロのポリプ陣へのナメナメ攻撃がかなり低減される。

ゲオにするにしても、今後はもう安価な種かな?
スベニは6頭のどのオセレイトよりも高額……

HMと契約したわけですが。
予算内ではあるものの、坪単価にすると……

約90万(税抜)
※紹介値引き適用前価格

え?どんな大手HMと契約したんだって?
いえ、中堅です。
住友林業だと余裕の100万超です。値引き適用後で。

そうです。
小さい平屋は坪単価で計算してはいかんのです。ただでさえ平屋は割高で坪単価は高いし。

「家」の規模をどんなに小さくしても玄関、キッチン、バス、トイレなどは最低1箇所は必要です。
固定費がある以上、面積を小さくすればするほど坪単価は上がってしまうのです。

ここでは建築確認等費用、付帯工事費も除いたあくまで

建物本体(オプション含む)÷施工床面積

で算出してます。施工床面積をさらすと価格がバレるので伏せますが。

施工床面積は登記上延べ床面積に含まれない部分も加えているので広くなります。
延べ床面積で÷ば更に高くなります。
本来は家としての機能を持たせるには付帯工事(ライフライン系)が必要だけど他社との比較では加えないほうがいいと思われます。

まぁ、本件は極端に小さいだけでなく趣味を満喫するための家、さらにおっさんお一人様用なのでイレギュラー中のイレギュラー。
密度がまるで違うので坪単価はまったく参考にならないでしょう。

今週末にショールーム、来週末にはコーディネート打ち合わせ。
内装やら設備やらは多少グレード上げるつもりなので更に上がるね。
まぁ、紹介値引きしてくれた分、還元するつもりなんですけどね。
選択基準は「掃除、維持、管理が楽」なこと。そのための出費はいとわない!

ちなみに設備も割高ですね。差額を明示してくれた住林の標準仕様の場合
・キッチン:1800mm→1200mm:差額▲¥1,000 (最終的には1500mmを導入)
・バス:1坪→0.75坪:同額


売れ筋のサイズから外れれば小さくとも高いのですよ。

じゃあバス1坪に広げますか?

(隣接する)水槽部屋が0.25坪削られるから嫌です
6221.jpg

オセレイト5号もビキールとやりあってるの確認。
6219.jpg
というかまたまた5号が一番性質が悪い?

ラプエンがとばっちりを食っている。
6220.jpg

ビキールがオセレイトらに噛み付くため、オセレイトらがビキール、ではなくポリプテルスを敵と認識し始めたっぽい。
そのため、ただ底を這って移動しようとしたラプエンにまで攻撃してる。
まぁ、全体的に警戒心を強めてるっぽいが、噛み付き攻撃してるのは5号だけみたいだけどね。

メイン水槽動画最新版です。



過密?

6216.jpg

おまえ……
6213.jpg

オセレイトらのパワーバランスってホントわからんわ。
あれほど猛威をふるっていたオセレイト3号だが今は一番ナーバスになっていて一時期2週間ほど給餌の際に寄ってこなかった。
ようやく寄ってきたのでアサリを食べさせたら吐き出した。
カンシャでしのいでようやくまたアサリを食べるように。
一時期ぶつけたんかだかで口先を怪我していてブサイクになってた。
6212.jpg
その3号の回復に合わせてかなり水槽内も落ち着いた。
そろそろ動画にしてもいいかも。

現在の頂点は5号。
6214.jpg
この傷は興奮状態の5号を諌めようとしたときに噛み付かれたモノ。
なんかものすごくデカくなってるんだけど。もう45cmどころではなさそう。
1,3号より1周り大きく感じるレベル。

オセレイト3号は敵を作りすぎ?

・オセレイト1号VSオセレイト3、5号、ビキール
・オセレイト5号VSオセレイト1、3号


に対して3号は

VSオセレイト1、5号、ダエモン、ビキール

なぜかダエモンは3号にだけ挑発するんだよなぁ。
ビキールを迎えたことによって3号は四面楚歌?
6215.jpg

おいっ!

6208.jpg

オセレイトらと一緒に餌くれしてんじゃねーよ


このビキールはかなり動き回るタイプだけど、特にオセレイトらに給餌しようとすると明らかに前面に出てきてこっちを見てる。

人工飼料の食い方がえげつないので最近は朝、部屋が暗いうちにばらけて投入することで、ビキール&オセレイト5号に独占させることなくうまくラプエンに回せている。
夜はオセレイト5号が食べない浮上性人工飼料を投入してカラプロ、ダエモンへの給餌としている。

……

ビキールが水面にまで取りにくるようになった。
6209.jpg
給餌しているとほぼ水面付近をうろつくように。

その結果?
オセレイトらに混じってお出迎え。

まぁ、食べてくれるヤツが少なくてなかなか減らない浮上性人工飼料。
6210.jpg

消費が早まるなら……

HM・工務店さんの選定が終りました。
契約しちゃいました。
8月中旬に着工予定、10月末完成予定です。

はやっ!

まぁ、この点だけは住友林業に感謝?

決めたのは例の明後日の方向の提案をしてきた中堅HM。
展示場責任者が隣に付いてからはブレもなくなり、若い担当者の頑張ってる姿も好印象に変わってきた。
23:30にメール送って0:04に返信とかブラック企業かと心配したけど。
あと、実は最初に実家を出て更地+平屋案を検討していたときカタログ一括請求サイト使ったんだけどこの人だけが間取り案&概算見積もりまでつけてくれたのよね。

5/21、3社回った時点ではどこも決定打に欠けていた。

ここは一律の見積もりシステム&明朗会計のため本体価格の値引きはほぼ出来ない。
だからコストとパフォーマンスのバランスは良いとは思うのだがお得感もあまりない。

ところが……

職人である弟の推薦、ということで態度が一変?
かつて当該HMで直ではない(職人さんのヘルプ)ものの仕事をしたことがある。
特に弟の嫁方の親戚が今年建てたということで現場を見ている。
フツーは間取りや内装、設備に目が行く中、こっそり床下を覗きに行くところが職人魂?

大々的にTVCM等打っていないため、口コミや紹介というものを重視している。
ということで住友林業へ行ってる間に弟&嫁方親戚の名前で調査&審査にかけてくれて大幅な値引きが提示された。
一般的な紹介割引と1桁違ってびっくり。
しかも総建設費なんて大したこと無いのに。

一気にお得感が出た。
正直、あいみつとっての値引き合戦はあまり好まないし、理由の無い値引きはもっと嫌い。
値引けません→ちょっと待ったぁ!はとても好印象。

あとは夢の実現可能性?
間取りや設備などの打ち合わせにまた弟を呼んでいろいろ確認。
私からは母屋への配慮の更なる強化案を提案しそれも実現可能、ということで話がかなりまとまった。

最終的な金額は水道引き込みや土地改良など不要になる可能性が高い費用まで盛り込んだ上でのコミコミで余裕の予算内。
庭の植樹の伐採・移植費用なども概算ながら含んでいる。
まぁ、値引き前でも予算内なんだけどね。

ちなみに住友林業の本体価格+付帯工事+αの一般的に言う請負金額だけと比較しても安価だったり。
ただし、住友林業は他社と違って30年保証。指定の有償メンテを受けると最長○○年、というのはドコでもあるけどここは10年で効果が切れると言われる防蟻処理さえ受ければ他は25年間無償でメンテ、というもの。
まぁ、これもどっちがお得かよくわからん。
最近はドコのHM・工務店も30年クラスの高耐久材を使ってるから下手したら保証なくてもほとんど修繕費発生しない可能性もありそうだし。
材質が良くても結局は職人の腕に左右されちゃうんだろうからそれがどこまで無償の範囲内に収まるかわからんし。
そもそも小さな平屋なんである程度は自分でやれるし足場代も発生しないだろうし。
不確定なものへの先払いより、毎年ある程度の修繕費がかかる、という腹積もりでいればいいんじゃ?

紹介の件もうそうだけど、ある程度事前に勉強したとはいえ、ここまでスムーズだったのは職人でこの道に詳しい&実際に家を建てている弟のアドバイスは有用だった。
こりゃ弟にアジアアロワナの1匹でも買ってやらんとならんな。

WHAT'S NEW?